最近、以前に比べてよく聞くようになった「リノベーション」。中古マンションを購入してリノベーションをしようと考えている方や、以前から住んでいる自宅をリノベーションしたいと思っている方などもいらっしゃるのではないでしょうか。でも「リノベーション」と言っても具体的にはどういうものなの?リフォームとはどう違うの?費用はどれくらい?気になる点を徹底解剖しちゃいます!

「リノベーション」と「リフォーム」、その違いは?

「リフォーム」=「元に戻す」こと

「リフォーム」というのは、一度壊れてしまったものを修理したり、老朽化により傷んでしまった箇所を補修したり、古くなって剥がれた塗装を塗り直したり…といったように、基本的には「元の状態に戻す」ことを指します。賃貸アパートやマンションの借主が変わる場合、原状回復が行われますよね?この入退室の際に行われる室内の補修なども「リフォーム」に含まれます。

「リノベーション」=「元よりも良くする」こと

一方「リノベーション」というのは、一般的には既存の建物に大規模な工事を行い、元の状態よりも性能を向上させることを指します。これにより新築時よりも価値が高まるということも考えられます。具体的には、キッチンに新しい機能を追加(作り付けの食器洗浄機やオーブンの追加など)したり、間取りや内装を現代的なスタイルに合わせて大幅に変更したり…といったことを行います。

違うものとは言え、線引きが難しいこともある「リフォーム」と「リノベーション」。判断の基準としては「①工事が大規模かどうか」「②実施前後で住居の性能が上がるかどうか」という二つの点がポイントになるでしょう。

費用と条件について

リノベーションを行う際に気になるのが「費用」の問題ですよね。費用の目安を例とともにご紹介します。

【予算】100〜200万

この価格帯でできることは、住居の中の一部を作り変える工事です。浴室の間取りを変える、洗面台を設置する、キッチンのパネルを張り替える、壁の一部を窓にしてバルコニーをつける等の工事が目安となります。

【予算】200〜300万

この価格帯になると間取りの一部の変更することができます。キッチンをリビングとつなげて広々とした空間にする、トイレと洗面所を最新式に変更するといったことが可能になります。

【予算】300〜500万

建物の構造に影響を及ぼす工事が可能になります。耐震性を向上させたり、分断されていた空間から壁を取り外して広々としたリビングに変更する、その際床暖房を取り入れるなどのことが可能です。

【予算】500〜1000万

大掛かりな工事が可能になりますので、戸建の場合は水道管工事も含めたキッチンの位置の変更を含めた間取り変更、キッチンを憧れの対面式やアイランドキッチンにしたりすることもできます。また、間取りの変更だけでなくデザインにこだわることも可能です。大幅な外装の工事や、部屋内部の内装にこだわって浴室をホテル風にしたりもできます。夢が広がりますね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう