出典:Shutterstock

南仏と言われて思い出すのはフランスのプロヴァンス地方。プロヴァンスは年間を通して温暖な明るい雰囲気の土地です。すっきりした青空と燦々と降り注ぐ太陽の日差し、街にはオレンジのレンガやブロックでできた家が並びます。1990年代にベストセラーになった本で取り上げられてから、この土地が世界中の注目を集め、プロヴァンス風と称される料理やインテリア、建築などこの土地の人々の生活様式が話題になりました。そんなプロヴァンス風の雰囲気をキッチンインテリアで気軽に取り入れてみませんか?

①「小物」で演出!南仏に欠かせないラベンダー

出典:Shutterstock

南仏プロヴァンスにとってラベンダーは欠かせない花です。ラベンダーをキッチンに飾るだけで、淡い紫の色合いが南仏の雰囲気をかわいらしく演出してくれます。植木を飾ってもいいですし、ドライフラワーにして花束風に飾ってみたり、壁につるしても素敵です。リラックスできる香りも人気のラベンダー。防臭や消臭の効果もあるそうですよ。キッチンにぴったりですね。

②明るい色彩が特徴のカラフルキッチン

出典:Shutterstock

南仏のキッチンの大きな特徴のひとつと言えるのが、明るくてカラフルな色彩です。紫や水色、ピンク、緑など可愛らしい色を壁や家具、キッチンツールなどで取り入れています。日本の住宅事情を考えると、賃貸物件などで壁の色を変えるのは難しいですが、テーブルや椅子、小物などで明るい色を取り入れてみると良さそうです。

③「テラコッタ」でつくる南仏風キッチン

出典:Shutterstock

カラフルな色合いとともに南仏のキッチンのもうひとつの大きな特徴なのが、テラコッタの床です。床をテラコッタにすると、フローリングとは違った柔らかい雰囲気が演出できます。とは言え、実際にテラコッタを使うのはなかなか難しいもの。そんな時はクッションフロアやカッティングシートで取り入れるのがおすすめです。

④シャビーシックな雰囲気づくり

出典:Shutterstock

使いこまれた雰囲気が美しいとされる南仏インテリアでは、シャビーシックな雰囲気づくりも大切なポイントのひとつです。壁や板の色合いを真っ白ではなく、ややグレーがかったものにするとぐっとシャビーシックな雰囲気に近づきますね。

⑤お鍋やキッチンツールを壁につるしてみる

出典:Shutterstock

南仏のキッチンによく見られるのが、普段使うお鍋などのキッチンツールを壁に掛けて収納している様子。鍋が無造作に壁に掛けられているだけでもなんだか雰囲気があっておしゃれに見えますね。ここでホーローや白い小物、カラフルな陶器をチョイスすればシャビーシックな雰囲気づくりにも一役買ってくれそうです。

出来るところからさりげなく取り入れてみよう

いかがでしたか?開放的で明るい雰囲気の南仏風キッチン、素敵ですよね。いっそ家中で取り入れられたら!と思ってしまいますが、なかなか難しいところ。お鍋やクロス類、キッチンツールなど部分的にでもできるところから少しづつ手を伸ばしてみるのがおすすめです。ぜひ楽しく素敵なキッチンづくりにチャレンジしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

一日の気を癒す!寝室をリラックス空間にする時に必ず使いたいものとは

寝室は主に睡眠をとるための空間ですが、自分だけのスペースとして感じる方も多いです。リラックスを伴うアイテムを…

みっちー / 502 view

お部屋の広さで選ぶ!あなたにぴったりの加湿器はこれ

乾燥する季節には、喉やお肌を守るために加湿器が重宝します。バリエーションも豊富な加湿器ですが、今回はお部屋の…

kon / 1354 view

断捨離したい!そう思った時に参考にしたいお掃除関連書籍3つ

断捨離したくても、片づけって大変ですよね。なかなかモチベーションが上がらないなら、断捨離の本を読んでやる気を…

みっちー / 500 view