インターネットサイトでは様々なDIYが紹介され、実際にDIYする方も増えてきましたね。その中でもキッチンカウンターは、収納にも役立ち、機能的でキッチンをイメージチェンジできるので挑戦したい方も多いのではないでしょうか。作り始めるその前に、知っておきたい「注意点」はどういうところなのでしょうか。

成功or失敗は計画で決まる?まずはプランを立てましょう

何事も事前計画は必要ですが、DIYは特に念入りに計画を立てましょう。

まずはイメージをすることですね。インターネットで「キッチンカウンター|DIY」の画像検索をしてみると様々な参考事例を見ることができます。その中からご自分のイメージに合うものをピックアップして、実際に作るカウンターキッチンのカタチを固めていきましょう。

ちなみに同居者がいらっしゃる場合は、作り始める前に同意を取っておいた方がいいですね。作ったはいいけど「ちょっとこれは止めて…」と言われては元も子もありません。

設置場所とサイズの確認はしっかりとしましょう

これも事前計画のうちですが、「なんとなくこの辺に…」「なんとなくこれくらいの大きさで…」とあいまいな感じで進めていっては、できあがったときに愕然とします。

設置したい場所や天板のサイズはきっちりと計測し、自己流で構わないので「設計図」を描くようにすると良いでしょう。意外と忘れがちなのが「何を収納したいのか」です。キッチンカウンターに収納したいものを決めておき、それらをどこにどう収納するのかを考えます。おのずと必要な奥行や高さ、棚板の位置も決まってきますね。

収納するもの・必要なサイズを明確にすることで、自分だけの使い勝手の良いキッチンカウンターを作ることができます。

かかる費用や材質のバランスを考えましょう

DIYをする際に気になることのひとつとして「製作費用」があります。自分で作る満足感で、製作費用を二の次にしてはいませんか?よくよく考えてみると「買った方が安かったのでは?」なんていうことになりかねません。

もちろん安く作れるだけがDIYの利点ではありませんので一概には言えません。ぴったりサイズのものが無い・気に入ったデザインが無いなど、既製品では解決できない悩みを解決することができます。

しかし、安くできるところはしっかり抑えて、目立つ天板はちょっとこだわってみるなど、ちょっとした工夫でDIYをしたことの満足度をアップさせられるかもしれませんよ。

賃貸の場合は「原状復帰できること」を考えましょう

賃貸住宅の場合、基本的に壁や柱には釘やネジなどを使うことができません。退去する際には借りた時の状態に戻す必要がある=原状復帰が原則となっているところが多いかと思います。賃貸契約に違反した場合、退去する際に原状復帰修繕費として予定外の出費を強いられるかもしれませんのでご注意ください。「元に戻さなければいけない」ということを頭に置いて計画を立てましょう。

壁や床に固定できないことを踏まえて、バランスよく自立できるデザインにする、また背の高いものは転倒防止用の突っ張り棒などでしっかり固定するようにしましょう。

手軽なカラーボックスを使う場合の注意点は?

一見、大がかりなキッチンカウンターも、カラーボックスを使うと意外と簡単に作れてしまいます。利用される方も多いかと思いますが、注意点もあります。

まず、カラーボックスの「耐荷重量」をチェックしておきましょう。あまり重たいものを載せると板にたわみが出たり、最終的には棚が抜けたりしてしまいます。筆者もカラーボックスの底にキャスターを付けて料理本など重たいものを入れ過ぎた結果、底が抜けてしまった経験があります。

また、カラーボックスは水に弱く、濡れるとふやけてしまい板が落ちてしまう原因になりますので注意が必要です。カラーボックスの上に天板を載せたり、水を通さないシートを貼ったりするなど、濡れない工夫をしましょう。

まとめ

キッチンカウンターのDIYは機能的な上、お部屋のイメージチェンジもできますのでおすすめです。記事を書きながら筆者もまたキッチンカウンターを自作したくなってきました!ご紹介したいくつかの「気をつけたいこと」を頭に置きながら、ぜひお気に入りのキッチンカウンターを作ってみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

子どものいる家庭向け!冬の暖房器具選びのポイントとおすすめの製品

子どものいる家庭で暖房器具を使うときは、火傷などの心配が伴いますよね。今回は子どもがいても安心して使うことの…

kon / 913 view

風水で恋愛運をアップ!枕元に置きたいアイテム4選

恋愛運をアップさせたい方は、実は枕元にアロマや光を置くことが効くのです。リラックスできるだけでなく、恋愛運も…

kon / 926 view

壁もシンクも使ってスッキリ!家事がラクになるキッチングッズ特集

キッチン周りの壁には有効活用できるスペースがたくさんあります。今回ご紹介するアイテムを使って、キッチン周りの…

kon / 650 view

関連するキーワード