冷蔵庫をどんな基準で選んでいますか?値段?近くの電気屋さんにあるものの中から?最近の冷蔵庫の中には、以前の冷蔵庫なら考えられなかった機能を備えていたり、変わった形をした製品がたくさん出ています。あなたのわがままを叶えてくれる、特によりすぐった5台をご紹介しますので、満足のいく一台を選びましょう。

三菱電機のMR-WX60A-Wは60cm幅のほっそりなのに600L入る大容量タイプ

三菱電機の冷蔵庫はほっそりした60cm幅なのにたっぷり大容量の600Lです。それでいて年間の電気代は8,000円しかかかりません。真っ白いボディ(クリスタルホワイト)は台所の王道ですが「白ではつまらない」という方のために黒(クリスタルブラック)とロゼ(クリスタルロゼ)があります。
ドアは6枚も付いていて、用途別に使い分けられます。上の四枚は観音開きになっているので、「冷蔵庫のドアを開くと壁にぶつかる」なんて心配もありませんし、ちょっとしたものを取り出すのに全開にして冷気がもったいない、ということもありませんね。
フレッシュエアフィルターが付いているので冷蔵庫特有の匂いも心配なし。
それに、「切れちゃう瞬冷凍」の機能は必見です。凍らせ方が違うから、食材がスカスカになることもありませんし、冷凍なのにすっと切れるから、小分けにする必要もありません。大量に買って冷凍して使うことの多い方には、ありがたいですね。

シャープ「プラズマクラスター冷蔵庫 SJ-GT55C」は192Lの大容量冷凍室「メガフリーザー」が魅力!

シャープの冷蔵庫SJ-GT55Cは、192Lも入る大容量メガフリーザーが魅力の冷蔵庫です。1段目は冷凍ケースを自由に仕切って、キチンと整理できるシャープだけの4切り(しきり)名人が付いています。タテ収納で収納量がアップし、使い忘れも予防できます。2段目は熱伝導にすぐれたステンレストレーと約−40℃の冷気で肉や魚を一気に冷凍してくれます。食材のおいしさや栄養分をグッと封じ込めてくれます。3段目は、深さ約22cmで大物食品や背の高い食品などがどんどん入れられます。しかも見やすいので便利に使えます。
また、上段冷凍室には新たに「タイマー冷凍」機能を採用されているので素早く手軽に使用できる便利な機能です。そして新搭載の「雪下シャキット野菜室」は、冷凍室に囲まれていることを活かし雪国で野菜を雪の下に置いて長期間鮮度を保つように、周囲からの冷気による輻射5面冷却で野菜室全体を包み込んでスピーディーに冷やしてくれます。

東芝GR-J460FV-ZCはマジック大容量。見た目よりも実力があります

写真に出ているのはGR-J460FV ZC、ラピスアイボリーという色です。この冷蔵庫の特徴はたっぷりものが入るドアポケット。重くなってもスムーズに開くので、開いた時に驚くほどの量がドアポケットに入ります。そして使いやすい真ん中の野菜室は、野菜が乾燥しない工夫と、野菜を立てて置ける気遣いで野菜を長持ちさせます。
冷凍室は熱いものでもすぐに凍らせる強力な冷気で、生野菜でも一気に凍らせます。小さいのに大容量、強力なのにエコなのがGR-J、FVシリーズです。ちなみに、名前の間に入る数字が容量で、最後のアルファベットが色を表しています。選ぶ時の参考にしてください。
置き場所はコンパクトなのに庫内広々でたっぷりと収納できるマジック大容量は魅力的です。

パナソニックNR-F602WPVは、冷蔵と冷凍の中間の温度帯「-3℃」で保存できる微凍結パーシャルがスゴイ!

パナソニックの冷蔵庫NR-F602WPVは、従来から大好評の約-3℃の微凍結状態で食品を保存する「微凍結パーシャル」が搭載され食品の鮮度を長持ちさせることができます。魚や肉などの生鮮食品だけでなく、カレーや常備菜なども美味しさを保ったまま約1週間保存することができます。新搭載の酸化ブロック冷却は、パーシャル専用のドア開閉センサーと温度センサーで検知し、通常の約1.3倍に風量を増やして自動で急冷してくれます。微凍結の層が、酸化の原因となる酸素の侵入を防いでくれるので、買った時の鮮度そのままに保存ができるのです。冷凍ではないので、「切る」「すくう」「はがす」「つまむ」ができるので、小分け保存は不要なのもうれしいですね。

日立の酸化をおさえて鮮度を守る!真空チルド プレミアム XGシリーズ

真空チルド プレミアム XGシリーズは、鮮度を守る3つの技術が取り入れられています。1つ目の「真空チルド」は、約-1℃と凍らせずプラチナ触媒によって酵素の働きを抑制し風味を損なわずに鮮度と栄養素も守ってくれます。2つ目の「新鮮スリープ野菜室」はプラチナ触媒が炭酸ガスの濃度を高め、眠らせるように野菜を保存してくれるので鮮度が長持ちします。3つ目の「デリシャス冷凍」は大型アルミトレイでたっぷり美味しく素早く冷凍できます。温度センサーで温度を検知し、自動で運転を切り替えてくれるので温かいごはんも美味しさそのまま冷凍できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

次買うならコレ!ちょっと自慢したくなるオシャレ家電5つ

バルミューダのように、インテリアにしても十分なほどスタイリッシュな家電が増えてきました。そこで、2017年に…

mutou-haduki / 655 view

玄関を素敵に見せる!オシャレな傘立て5選

傘立ては選び方次第では玄関の雰囲気をグッとおしゃれに演出することができるアイテムです。今回は使ってみたくなる…

kon / 627 view

色々な場所で使える!電気ブランケットの選び方

電気ブランケットの選び方をまとめます。電源、サイズ、機能などに着目して選ぶのがオススメです。USB電源で使え…

saya / 479 view

関連するキーワード