キッチンは主に料理や水仕事をする場所。このため多くのキッチンは白をベースにしているケースが多いです。しかしキッチンは他の空間同様に、自分だけのスペースでもあります。好きな色を用いて、自分色に染め上げていきましょう。今回は黒をベースとした、統一感のあるキッチンをご紹介します。

キッチン収納を黒にしてシックなインテリア

黒というとインテリアに取り入れることで、落ち着いた風合いを出すことができます。しかしキッチンの色合いとしてはあまり取り入れる方も少ないです。これは黒をキッチンの色合いに取り入れることに、暗い印象を持っていることがあげられます。他にもキッチンスペースは火や刃物を扱います。このため明るい色調で空間全体も光の反射がしやすいよう工夫されており、手元が見やすいようにされています。

しかしだからと言って、黒はキッチンの色として決して悪い色ではありません。黒をキッチンに取り入れるのであればバランスよく明るい色合いを組み合わせて、シックでさわやかな空間に仕上げていきましょう。こちらはキッチンの収納棚部分を黒で統一し、色合いにもバランス感のあるスペースにしています。

ザ・モダン!レンガ調でうまく抜け感を

黒一色のキッチンであれば、重たいイメージの空間になりがちですが、レンガ調の壁にしたり、他の柄をうまく取り入れることでモダンな風合いを出しているのがポイントです。

カーテンを明るい色にしてみると、より一層引き立ちます。どんな色とも組み合わせがきく黒だからこそできる、ザ・モダンキッチンです。

黒はさし色程度に抑えたナチュラルキッチン

全体的にはウッディ―な雰囲気に仕上げており、さし色程度にブラックを入れることで、見事にナチュラルなキッチンになっています。
アイランド部分のカウンターが、一部ガラスになっているのもポイントですね。

間接照明やポイントのライトを使うことで、部屋をより広く見せてくれる効果もあります。

温かみあるブラックトーンの木を使ったキッチン

キッチンに合わせて、椅子やテーブルにも黒を取り入れることで統一感を出しているキッチン。

床は明るく、全体的に木目調なので黒でも重たさはありません。また、シャンデリア風のライトを使うことによって高級感がで、シンプルなだけのキッチンにはなりません。さまざまなテイストを絶妙に組み合わせたハイセンスな空間にもなっています。

白と黒のコントラストが美しいモダンキッチン

壁を全面黒にし、キッチンカウンターはキリっとした白にまとめたこのキッチン。白と黒がくっきりと分かれていて、コントラストが美しい仕上がりになっています。
グラスや、インテリアなどの小物も、黒と白に統一すればもっとスタイリッシュに見えます。
打ちっぱなし風の床がまた生活感を薄めてくれます。

まとめ

黒を基調としたキッチンづくりは、主にブラックのキッチン雑貨や小物で取り入れる方が多いです。しかし思い切って収納棚に黒を組み合わせると、また新しいテイストのキッチン空間を作り上げることができます。「黒」をキッチンに取り入れることで、インテリアのアイデアにも幅が広がりワンランク上のキッチンスペースを演出することができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

信じるも信じないもあなた次第?風水インテリアのメリットとは?

みなさんはインテリアを選んだり、配置するとき何を基準にしていますか?部屋のバランスを考えて?それとも自分の好…

みっちー / 913 view

クリスマスも盛り上がる!暖炉型ヒーターを取り入れてみよう

近年、暖炉風ヒーターの人気が高まっています。暖炉というと北欧や欧米の住宅にあるイメージですが、手軽にその雰囲…

kon / 2208 view

玄関を素敵に見せる!オシャレな傘立て5選

傘立ては選び方次第では玄関の雰囲気をグッとおしゃれに演出することができるアイテムです。今回は使ってみたくなる…

kon / 842 view

関連するキーワード