できれば災害なんて起きて欲しくはないけれど、いざというときのために備えは必要です。災害が起きてしまったとき、持っていればきっと役に立つであろうアイテムをご紹介します。いくつかだけでも、もしものために自分が必要だと思うものを見つけて用意しておきましょう。

ウォーターコンテナ

災害時に必ずと言っていいほど起きるのが生活水の問題です。自宅の水道が止まってしまい使えなくなったときのために、ウォーターコンテナを用意しておくといいでしょう。給水所から水を運んでくるのに役立ってくれます。こちらのコンテナは過酷な環境にも耐えられるよう頑丈に作られており災害時も頼りになります。また人体に悪影響の出る恐れのある素材を使用していないので安心して使えます。横にして二つのコンテナを積み上げれば、お互いの側面がはまり合うようにサイドがデザインされています。

キャリーワゴン

キャリーワゴンが一台あるとあらゆる場面で役立ってくれます。例えば上記のウォーターコンテナを給水所から自宅まで運ぶとき。自宅から避難所まで大事な家財を運ばなければならないとき。災害によって崩れたり、壊れたりしたものを取りのぞかなければならないとき。あまり想像したくはない場面ですが、必要になってしまった場合にキャリーワゴンがあれば大いに役立ってくれるでしょう。

レジャーシート

災害時、外で過ごさなければならない場合もあるかもしれません。そんなときにこのレジャーシートが役立ってくれるはず。140×180cmの大判サイズなので大人も余裕で座れます。小さい子供が疲れてしまったときにも便利です。また、避難所などの気温が低く寒いときは裏面が断熱性・防湿性のある素材でできているので、体に巻きつければ防寒の役目も果たしてくれます。

フォールディングソファ

避難所や野外でずっと立ち続けていたり、逆に地面に座ったままだと体が疲れてしまうこともあるかと思います。そんなとき役に立ってくれるのがこちらのフォールディングソファです。大人の男性2人が座っても余裕の大きめサイズなのに、軽量設計&折りたたみ式で持ち運びもしやすいアイテムです。移動しなければならない場合にも便利ですね。具合が悪くなってしまったひとを休ませるのにも役立ちそうです。狭い場所等ではくれぐれも周りの迷惑にならないよう注意しましょう。

ツールナイフ

ひとつあるだけでいろいろなシーンに使えるツールナイフ。ナイフ、はさみ、缶切り、栓抜き、プラスドライバー、のこぎりなどたくさんの道具が詰まっています。ポケットに収まるサイズなのでひとつは持っておきたいアイテムです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

アウトドアやキャンプに!おしゃれなキャリーワゴン

荷物をたくさん移動させることが多いアウトドアやキャンプ。そこでオススメなのが大容量でおしゃれなキャリーワゴン…

DaiStyle / 1245 view

SNSで人気のおすそ分けファイル! 使い方・作り方は?

今流行りの「おすそ分けファイル」とは何かをご存知でしょうか。SNSで話題になっているおすそ分けファイルの使い…

kon / 13931 view

キャンプで人気!おしゃれアウトドアベンチ特集!

キャンプがますます楽しくなる「おしゃれアウトドアベンチ」を特集!自分らしい個性派アウトドアベンチに腰掛けて、…

DaiStyle / 808 view

関連するキーワード