アウトドア好きのみなさん、キャンプやバーベキュー、ハイキングなどで使う道具の収納はどうしていますか?アウトドアを楽しむたびに、増えていく道具たち…「次はあれもあると便利だなぁ」なんて思ってしまうとついつい買ってしまうんですよね。大自然の中では大いに役立ってくれるアイテムたち。しかし現実(自宅ともいう)に戻ってくると、けっこう収納場所に困りませんか!?そこで、かさばりがちなアウトドアアイテムを上手にしまえる、でもちょっぴりユニークな収納アイディアをご紹介します。

パンチングボードが大活躍

キャンプの道具って実は小物がけっこう多いんですよね。収納に場所は取りませんが、しまいこんでしまうと行方不明になることも…。出かける前日になって「あれ!?どこにしまったっけ???」見当たらずにひたすら荷物をひっくり返して物置をぐちゃぐちゃに散らかす…よく見かけるシーンです。そんな小物の収納にはパンチングボードが役立ってくれます。壁にパンチングボードを取り付けてフックなどアイテムを引っ掛けます。これでもう小物が行方不明になることはありません!パンチングボードのおかげで壁自体に傷かつくこともありません。

アートのように壁一面にディスプレイ

こちらも壁にアイテムを引っ掛けてディスプレイ収納しています。綺麗な感覚で並べられたその姿はまるでアートのよう。これなら使わないからと物置の奥にしまいこんでいるよりも、常に見えていても素敵ですね!

愛用品だからこそ目の届く場所で保管

こちらの写真ではガレージや物置ではなく、部屋に中にキャンプアイテムの収納コーナーを作っています。普段からアイテムが目に入る場所で生活していると、ふとした瞬間に汚れを拭いたり磨いてみたり…手が自然と動いてしまいそうですよね。そんなことをしているうちに、さらに愛着が湧いてくるでしょう。お気に入りの大事なアイテムだからこそ、大切に扱って長く付き合いたいものですよね。

アイテムはボックス内にまとめてドン!

こちらは必要な道具を大きなボックスにまとめてしまうというアイディア。現地に着いたら地面にドン!撤収はまた荷物を同じボックスに入れてトランクに…自宅に着いたら物置にドン!物をなくす心配もなし、必要なものは全てすでにボックスの中にまとめてあるので次回の荷造りも楽チンですね。

それならばキャリーカートでも同じことができるのでは…

アイテムをしまうことばかり考えてしまいがちですが、広げて他のアイテムの収納に使ってしまうというのもひとつの手。こちらのワゴンは耐荷重100キロの超ビッグサイズなので、かさばりがちなキャンプ道具をアレコレ詰め込んでも余裕の大きさ。バラバラにアイテムをいろんなところにしまいこんで結局使いたい時に見つからない…という心配もなくなります。ご自宅の物置やガレージにこのカートを広げるスペースがあればぜひおすすめしたい方法です。

いっそのこと普段から使ってみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

アウトドアグッズの人気ブランド5選

アウトドア好きならぜひともこだわりたいグッズの数々。たくさんのブランドから様々なアイテムが発売されています。…

marina / 757 view

SNSで人気のおすそ分けファイル! 使い方・作り方は?

今流行りの「おすそ分けファイル」とは何かをご存知でしょうか。SNSで話題になっているおすそ分けファイルの使い…

kon / 18587 view

アウトドアに欠かせないウォーターコンテナの選び方

キャンプ場で必要不可欠な水。キャンプサイトと水場を何度も行き来するのって大変ですよね。そんなときに便利なのが…

marina / 1190 view