食材の栄養素を丸ごと食べることを可能にしたバイタミックス。オーソドックスな基本機種以外にも、生活スタイルや家族構成に合わせた便利なモデルがそろっています。そんなバイタミックスの機種を一気にご紹介。自分に合った機種を一緒に探してみましょう。

シンプルさが使いやすい人気モデル「TNC5200」

バイタミックスの機種の中でも、お手頃価格でその実力を満喫できるのがこちらのモデル「TNC5200」。スリムなボディながら2リットルの大容量なので、人数の多い家族でも一気に作ることができます。

そのパワーやモーター回転数はハイエンドであるPro500と全く同じ。スピード調節ダイヤルとハイスピードスイッチ機能が標準装備されており、面倒な操作が必要ないので使い方も簡単です。シンプルだからこそ、バイタミックスの良さをダイレクトに楽しめるTCN5200。バイタミックス初心者にも、バイタミックスのリピーターにもおすすめできる人気モデルです。

1人暮らしや省スペースで使用するなら「S30」

バイタミックスは気になるけど、2リットルなんて大容量いらない!という人もいるでしょう。一人暮らしの人や、少人数の家族で使いたい場合にはS30がおすすめです。幅15cmとコンパクトなので、置く場所に困ることもありません。カラーバリエーションも豊富で、6色の中から自分好みの1台を選ぶことができます。

またS30には1.2リットルの標準コンテナに加えて、持ち運びに便利な600mlのTo Go カップがセットになっています。本体に直接カップをはめてスムージーを作ることができるので、そのまま蓋をはめてお出かけ先へ持っていくことができます。

多忙な人必見!全自動プログラムモード搭載「Pro500」

スタンダードモデルのTCN2000に、全自動で調理してくれる便利なプログラムモードが加わったのがPro500です。特に使用頻度の高いスムージー、フローズンデザート、ホットスープの3種類から選択が可能。ダイヤルを合わせてスタートボタンを押すだけで、最適な回転スピードと時間で調理してくれます。時間になると自動でストップするので、スタートボタンさえ押せばあとはできあがりを待つだけ。忙しいお母さんにはぴったりの機能です。

色はマットなシルバー。プロという名にふさわしい、高級感ある仕上がりになっています。

用途で使い分けよう「ウェットコンテナ」と「ドライコンテナ」

コンテナにはウェットコンテナとドライコンテナの2種類があります。標準装備となっているウェットコンテナはどんなものにでも使えますが、特にスムージーやスープなど水分を含むものにその威力を発揮。底のブレードは手裏剣のような形をしています。

一方ドライコンテナはブレードの形が異なり、主に乾燥した食材に使用するのに向いています。ナッツや穀物などを粉状にする際に、ウェットコンテナよりもスピーディーに細かくすることが可能。サイズはやや小ぶりな0.9リットルとなります。またパン生地を練ることもできます。

持ち運びに便利!S30専用の「To Go カップ」

S30の標準装備となっているTo Go カップは、別途購入することもできます。ダブルウォールを採用した断熱構造により保冷・保温効果があり、出先でもおいしさをキープ。家で作ったヘルシーなスムージーも、栄養たっぷりのスープも長く楽しむことができます。家族皆がそれぞれ自分のTo Go カップを持つのもいいですね。

サイズは600mlと一人分にちょうどいいサイズで、使用後は食器洗い機で洗うことができます。また冷蔵庫のドアポケットに合う大きさなのも嬉しいですね。フットワークの軽い人にぴったりのカップです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

やっぱり欲しい!ジョゼフ・ジョゼフの可愛いキッチン用品たち

キッチンに置いてあるだけでパッと明るくなるジョゼフ・ジョゼフのとっても可愛いキッチン用品たちをご紹介します。…

みっちー / 784 view

オイルヒーターといえばデロンギと言われる納得の理由とは?

オイルヒーターで人気のメーカーといえば真っ先に名前があがるのがデロンギではないでしょうか。国内シェア1位を誇…

長谷川サツキ / 762 view

逆転の発想から生まれた不思議な傘 +d(プラスディー)

雨の日は傘という荷物が増えるのに加え、傘を開閉するたびにあちこち濡れてしまって外出が億劫になりがち。そんなス…

lotuslaoan / 522 view