オイルヒーターと聞いて「デロンギ」という言葉がすぐ浮かんでくる人も多いのではないでしょうか。オイルヒーター界では不動の人気を誇るデロンギですが、その人気の秘密とは?安全性、使用感、そしてデザイン。デロンギのオイルヒーターが選ばれる理由についてまとめました。

デロンギのオイルヒーターは国内シェアが12年連続第1位!

こたつ、エアコン、石油ファンヒーターとバラエティー豊かな暖房器具がそろう日本。その中で安全性と効果に注目が集まり、徐々に人気が高まりつつあるのがオイルヒーターです。中でもデロンギ社のオイルヒーターは国内では圧倒的な人気を誇っており、なんと国内シェア12年連続第1位(2015年調べ)。オイルヒーターの購入を考えたことがある人ならデロンギという名前は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

デロンギは世界中で愛されているイタリアの家電メーカーブランドです。1902年設立以来あらゆる家電を手掛けており、中でも暖房器具と空気清浄機に力を入れています。日本国内での機種の価格が下がってきたことも、人気が出てきた一因のようです。

赤ちゃんがいても安心!徹底した安全設計

オイルヒーターのしくみは温風を送るエアコンやファンヒーターとは大きく異なります。まず電気で中のオイルを暖めそのオイルがパネルを暖めます。そしてパネルからの放熱で周囲の空気が暖められ、自然体流によって暖かさがお部屋に全体に広がっていくのです。

安全にこだわったデロンギのオイルヒーターは、表面の温度が平均60℃から80℃。これはオイルヒーターの表面を複雑にして表面積を広げることで、暖める効果はキープしつつも高温になりすぎるの防いでいるからです。少し触れたくらいでは熱く感じる程度で火傷にまではなりにくいので、赤ちゃんやお子さんがいる部屋でも安心して使うことができます。使用しているオイルは難燃性ですので、火事の心配もありません。

空気を汚さず乾燥に悩むこともなし!ユーザーに嬉しい使用感

オイルヒーターは自然体流でお部屋を暖めるため、送風による埃やハウスダストの巻き上げを起こしません。そのためアレルギーに悩む人でも安心して使うことができます。埃を吸い込むことで発生する嫌な臭いも一切発生しないのも嬉しいですね。また従来の暖房は冬の空気をさらに乾燥させてしまうデメリットがありますが、オイルヒーターなら乾燥はほとんどありません。お肌にも優しいので、赤ちゃんのいるご家庭にもぴったりです。

なお密閉されたオイルは劣化することがないので、交感や補充の必要は一切なし。手間も少なく、体や肌への負担が少ないオイルヒーターはユーザーに優しい暖房器具といえるでしょう。

自分にぴったりな1台が選べる豊富なラインナップ

デロンギのオイルヒーターは種類も豊富です。インテリア性を求めるなら優しいパステルカラーの「ベルカルド」がおすすめ。ディスプレイつきのデジタル操作なので、初めての人でもスムーズに操作できるよう配慮されています。さらにチャイルドロックがついているので子供のいる部屋で使用するのにも安心です。

1人暮らしや小さな部屋でのみ使いたい場合には、コロンとしたフォルムがかわいい小型モデルがおすすめです。幅37.5cm、奥行き17.5cmとコンパクトなので圧迫感がなく、持ち運びにも便利。小さい分お財布にも優しい価格設定になっています。

イタリア製ならではのオシャレなデザイン

すっきりと洗練されたデザインも、イタリアのデロンギ社ならではの魅力です。波上のパネル、持ち運びの用のくぼみと、あくまでも機能性を重視しながらもそれをデザインにひとつにしてしまうセンスは脱帽もの。白とグレーを基調とした色も、どんな部屋でもマッチするように計算されています。置くだけで絵になるデロンギのオイルヒーター。インテリアにこだわりのある人には特におすすめです。

室内で使う家電には求められる要素が数多くあります。安全性はもちろん、環境面への配慮、美しいデザイン、そしてコスト面。これら全てをより良くしようと企業努力を続けるからこそ、デロンギは国内シェアNo.1をキープしているのではないでしょうか。ぜひあなたのオイルヒーター選びの参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

最新のダイソン掃除機の注目すべき機能とは?

ダイソンの掃除機は、その優れた機能から世界中で多くの人に親しまれています。今回は最新のダイソン掃除機の注目す…

kon / 367 view

逆転の発想から生まれた不思議な傘 +d(プラスディー)

雨の日は傘という荷物が増えるのに加え、傘を開閉するたびにあちこち濡れてしまって外出が億劫になりがち。そんなス…

lotuslaoan / 522 view

テーマは「美しいカデン」!アマダナのこだわりと世界観とは

アマダナは日本から世界へ向けて個性のある製品を発信しているブランドです。今回はブランドのこだわりや商品をピッ…

kon / 383 view