ダイソンの掃除機は優れた機能から多くの人に親しまれるようになりました。ダイソンクリーナーは旧モデルも優れていましたが、最新のシリーズではますます改良が重ねられています。今回は最新のダイソン掃除機の注目すべき機能をまとめていきます。

2016年発売のダイソン最新モデルは「V8」シリーズ

2015年にはダイソン掃除機の「V6」シリーズが販売されましたが、次の「V7」は存在せず、2016年に発売された最新モデルが「V8」になります。V8シリーズは旧モデルの掃除機と見た目は大きく変わりませんが、機能面では飛躍的に改善されています。これまでの製品も他メーカーの掃除機と比べると吸引力が強力で人気がありましたが、吸引力についてもさらに向上しています。スタイリッシュでコンパクトなのに抜群の吸引力を誇るダイソンの掃除機ですが、新しいV8シリーズでは他にも改良された点が多数あり、これまで購入を迷っていた方にもおすすめしたいところです。

運転時間の延長!バッテリーの持続時間がアップ

せっかくのコードレスタイプの掃除機なので、バッテリーの性能は重要になってきます。旧モデルのV6では運転時間が最長20分とされていましたが、最新のV8シリーズでは最長40分まで使用可能であり、運転時間が2倍に伸びています。20分の運転時間と聞くと、ちょっと念入りに掃除機をかけたいときや、面積の広い一戸建ての掃除ではやや不安がありますよね。しかし、それが40分ともなると充電切れを心配することなく掃除機をかけることができるでしょう。V8シリーズへのモデルチェンジのポイントの一つはこのバッテリー持続時間が延長したことにあるのです。

吸引力が15%アップ!さらに強くなったダイソンの吸引力

V8シリーズでは搭載されるモーターも改良され、吸引力が15%もアップしました。ダイソンでは独自のデジタルモーターを開発し、取得済みおよび出願中の特許の数はなんと264件にも達します。ダイソンの掃除機は旧モデルでも十分に強い吸引力があり、他社のコードレス型掃除機と比べても優れたパワーを持っていました。そこからさらにモーターの改良で15%ほど吸引力がアップし、ダイソンの吸引力がますますパワーアップしたといえます。古いモデルの掃除機や、他社のコードレスタイプの掃除機を使っている人は、その吸引力の強さに驚くことでしょう。性能がさらに向上し、従来のコード付き掃除機よりも確実に吸い取れることを目指した掃除機が誕生しました。弱い吸引力でなんとなく掃除機をかけても結局はゴミを吸いきれずに残ってしまうので、ダイソンの掃除機で毎日を衛生的に過ごしたいところです。これだけ強い吸引力があれば、ホコリや髪の毛はもちろん、ペットの毛なども吸い取ることができるでしょう。

運転音が静かになった!時間を気にせず掃除できる

ダイソンV8シリーズのポイントとして、運転音が静かになったことが挙げられます。ダイソンの掃除機は吸引力が強力な分、どうしても運転音が大きくなることが気になるところでもありました。V8シリーズでは、旧モデルのV6と比べて50%も運転音が軽減されています。つまり、旧モデルの半分まで運転音を小さくすることが実現したのです。マンション住まいの方でも騒音を気にせずに掃除機をかけることができるようになるでしょう。

これまでの製品と同様に便利な機能は維持している

旧モデルまでのダイソンクリーナーも、豊富なツールを揃えた製品でした。最新のV8シリーズでも、これまでの便利な機能は維持されています。例えば、ゴミを捨てるときにはワンタッチで手軽に捨てることができ、ゴミやホコリに触れる必要はありません。また、吸引力が強いことからハンディクリーナーとしても使われ、布団やベッド、ソファーなどの掃除に活用する人も多いです。新しいV8シリーズでも変わらずハンディタイプのクリーナーとして用いることができ、多様な用途で用いることができるでしょう。コードレスのハンディクリーナーであれば、車の中の掃除も簡単にできます。生活する範囲内のごみを手軽に吸い取り、清潔で快適な環境の中で暮らすことをサポートしてくれるのがダイソンのクリーナーです。

まとめ

ダイソンの掃除機は旧モデルでも十分優れた機能を持っていましたが、最新のV8モデルでは機能がますます充実しています。強くなった吸引力、運転時間の延長、運転音の軽減など魅力的なポイントを多く含んだモデルチェンジを行っています。これまで購入を迷っていた方も、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたにあうのはどれ?バイタミックスの人気機種を徹底比較

バイタミックスが気になるけど、どんなタイプがあるの?そんな疑問を解決するため、バイタミックスの機種を徹底比較…

長谷川サツキ / 784 view

オイルヒーターといえばデロンギと言われる納得の理由とは?

オイルヒーターで人気のメーカーといえば真っ先に名前があがるのがデロンギではないでしょうか。国内シェア1位を誇…

長谷川サツキ / 762 view

ノーベル賞の晩餐会でも使われる。ロールストランド「エデン」シリーズの魅力とは?

スウェーデンの老舗食器メーカーのロールストランド。今回は人気のあるエデンシリーズのおすすめアイテムをご紹介し…

kon / 939 view

関連するキーワード