皆さん、バスマットはどんなものを使っていますか?布製のものを使用している方がまだまだ多いと思いますが、実は今、珪藻土(けいそうど)バスマットの人気が集まりつつあります。

珪藻土バスマットはどうしてそんなに注目度が高いのでしょうか?ここでは、珪藻土バスマットの魅力を皆さんにしっかり説明したいと思います!

高い吸水力が珪藻土バスマットの魅力の一つ

お風呂からあがったあと、濡れた足を拭く上で重宝するバスマットですが、できるだけ吸水力の高いものを使いたい人が多いのではないでしょうか?珪藻土バスマットは吸水性がとても高く、布製のものを使うより足裏が乾きやすいというメリットがあるので、そうした方におすすめなアイテムです。

このバスマット、なんと2~3年使い続けることができる上、お手入れをしっかりすればその寿命はさらに伸びると言われています。布製のマットとは違い、次に使う人もドライな状態で使えるのもいいですね。

もし、吸水力が落ちてきたな、と思ったら、紙ヤスリでバスマットの上を削ってあげるだけでOK。表面を少し削るだけでも汚れが落ち、吸水パワーが戻ってきます。

簡単なお手入れで清潔さが長持ち

珪藻土バスマットの魅力は吸水性の高さだけではありません。菌が発生しにくいため、清潔な状態を保ちやすいメリットがあります。

菌が繁殖しにくいということは、水虫などの感染も防げるということ。清潔な状態を簡単なメンテナンスで維持できるアイテムですが、もっときれいにしたい!と思ったら、表面を削るだけでなく、干すことだってできるんです。

干す目安は一週間に一度ほど。陰干しで良いためマンション暮らしの人でも簡単にできるのがいいですね。布製のマットよりもメンテナンスが簡単なのも大きな魅力です。

soilの珪藻土バスマットは敏感肌の人にぴったり

珪藻土バスマットを販売しているメーカーの中で人気なのがsoilです。サイズも豊富なのでTPOに合わせやすく、吸水性が高いのも人気の理由です。

布製のバスマットでは実現できない、土ならではの柔らかくてべたつかない感触も魅力のひとつ。肌への刺激もすくないため敏感肌の人にもおすすめです。布や木製のマットだと肌に違和感を感じるという方も、一度試してみてはいかがでしょうか?

吸水性が高いということは、お風呂から出たときの足元の冷えを防ぐということ。そういう点も冷え性の方にはうれしいですね。

イーバランスの珪藻土バスマットも足裏の乾燥が早い商品

もう一つ、ご紹介したい珪藻土バスマットがイーバランスから発売されている珪藻土バスマットです。この珪藻土の吸水性は、三歩歩けばすぐに足の裏が乾くという優れたもの。人数の多い家庭で使ってもドライな状態が続くため、お手入れはさほどいらないと口コミが出ています。

色もホワイトではなく、ブルータイプのものを購入すれば、その乾燥度合いが目に見えて分かると思いますよ。カビやダニを寄せ付けず、価格も手頃なので結構お買い得ではないでしょうか?

メンテナンスがさほど必要なく、それでいてクリーンな状態をキープできるこの珪藻土バスマット。気になった方は是非試してみてくださいね。

色々なデザインが販売されている珪藻土バスマットもある

「珪藻土バスマットは固そうで、足の角質ですぐ汚れやすそう…」

そんな人は「UB足快バスマット 珪藻土」を買ってみてはいかがでしょうか?古い角質が削れ、バスマットの表面が汚れることにあまり神経質にならずに済むためおすすめです。引っ越しのお祝いなどでプレゼントした人もいる商品なので、そういったシーンでの贈り物として考えてみてもいいかもしれませんね。

乾きが早く、カビもほとんど心配ないため、1年使っても品質はそのままだったという人もいるようです。買った物は長く丁寧に使いたい人向きかもしれませんね。

ランダムに円形を描くバブルタイプ、升目状に線の入ったノーブルタイプ、風に揺れる葉をイメージしたリーフタイプなど、インテリアにあわせてデザインを選べるのもポイント高めです。

珪藻土バスマットの人気の秘密をご理解頂けましたか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

新生活を機にゲットしたいオシャレで機能的なインテリア雑貨20選

新生活にはおしゃれで機能的なインテリア雑貨は欠かせません。素敵なインテリア雑貨をご紹介します。

marina / 871 view

一人暮らしのおうちにぴったりなオシャレ小型加湿器はこれ

部屋の乾燥は気になりませんか?今回は一人暮らしの家におすすめの小型加湿器を5つ紹介します。インテリアに合った…

mami1992 / 775 view

暖房効率アップ!冬場のサーキュレーターの便利な使い方

サーキュレーターとは部屋の空気を巡回させてくれる、扇風機と似た形をした家電です。サーキュレーターを上手に使っ…

長谷川サツキ / 3381 view

関連するキーワード