吸水性がすぐれていることで注目を浴びている珪藻土(けいそうど)のバスマットですが、100%珪藻土のものや、素材をミックスして吸水力と高めたものなどさまざまな商品があります。そこで今回はおすすめの珪藻土バスマットを5つ選び、特徴などを詳しくご紹介していきます。

かわいいだけじゃない本格派!soilの職人造りバスマット

左官職人による手作りで、風合がすぐれた珪藻土バスマットです。珪藻土のみでつくられており、しっかりとした重さと安定感があります。他の珪藻土マットと違い、天日干しが可能でより清潔に使えます。

カラーは4色のパステルカラーが選べ、優しい印象です。カラーは珪藻土そのものの特徴を活かしたもので、カラーによって産地が異なります。もちろん、安心の日本製です。形は定番の長方形のほか、小型の正方形タイプも揃います。角もきちんと丸くなっていて、足にあたっても安全です。珪藻土マットの本当の素晴らしさを知ることができる商品です。

家族が多い場合にも対応できるLサイズのバスマット

小さなお子様と一緒にお風呂に入る場合は、バスマットにもある程度余裕のある大きさが欲しいものです。ところが、一般的な珪藻土マットは布のマットよりも重いため、扱いが大変になってしまいます。そんな場合にぴったりなのが、soilのライトタイプの珪藻土マット「BATH MAT large」です。珪藻土にパルプを混ぜることにより、吸水性をアップさせながら軽量化に成功しただけでなく、割れにくくなりました。

56.5☓88センチという通常の2倍程度の十分な広さながら、重さは4kgを切っていますので、お手入れにも困りません。また、広いので吸った水分の拡散も早いです。

ライトタイプをさらにコンパクトにしたsoil wave

通常の珪藻土マットを薄くしたライトタイプをベースにさらにコンパクトにして使いやすさをアップさせたのが、soil waveシリーズです。厚みは1センチを切りますので、段差が気になる方にも安心して使えます。こちらも珪藻土とパルプを混合していますので、吸水力は従来よりも高いです。

また、足離れをよくするために、薄くストライプのような波模様の加工がされていますが、見た目にもオシャレで人気があります。珪藻土マットは重いからと敬遠していた方にぜひ試して欲しいお手頃サイズのマットです。

ひる石配合でさらに吸水力がアップしたsoil gemシリーズ

珪藻土に加え、珪藻土よりもさらに孔の数が多いひる石を配合しているのが、soilのgemシリーズです。吸水力がアップするだけでなく、本体の軽量化にも成功しています。また、センターに溝があり、より足の裏にくっつきにくくなっているのが特徴です。

また、ひる石によって少し光沢感が出て、他の珪藻土マットよりもデザインが美しく見えます。製造も日本製なので安心して使えるバスマットです。サイズは3種類展開なので、スペースにあったものが選べます。

とりあえず一度使ってみたい方にはお手頃なニトリ!

お手頃な価格の商品が揃うニトリでは格安で珪藻土マットが販売されて話題となりましたが、さらに吸水力と速乾性をアップさせた「さらさら珪藻土バスマット」も登場しています。

サイズは40 ☓55センチと少し大きめで、家族が居る方にも安心です。裏側に設置するすべり止めシートも付属しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

手軽にできる!壁を飾るインテリア

壁を飾るインテリアで部屋を好みの雰囲気にする方法をまとめます。リース、ウォールステッカー、フレーム、LEDな…

saya / 252 view

遊び心満載!料理が楽しくなるカラフルなキッチンインテリア5選

色とりどりにアレンジし、自分だけの空間にするインテリア。キッチンも自分色に染めて、より使いやすく満足感のいく…

みっちー / 251 view

オフィスやデートにも!人気のポータブル加湿器5選

オフィスでの仕事中やデート前に乾燥が気になることはありませんか?この記事ではポータブル加湿器を5つ紹介してい…

mami1992 / 655 view