つい面倒だからと、お風呂に入った後に髪を乾かさずに寝てしまっていませんか?濡れたままの髪はとってもデリケート。特に冬は乾燥によるダメージを受けやすく、髪がボロボロになってしまう危険性もあるのです。髪が痛む原因と正しいヘアケア、そしてドライヤーの選び方についてご紹介します。

なぜ寒い冬は髪がパサパサになるの?その原因とは

冬は空気がとっても乾燥する季節。それだけで髪の水分が逃げていってしまいます。さらに寒い時期はオフィスやお店でエアコンの強い温風に当てられて、ますます髪の乾燥は悪化。だから他の季節に比べて、冬は髪のパサパサがとくにひどくなってしまうのです。
さらに濡れた状態の髪は乾いている時よりもデリケートなため、髪を洗ったあとに乾かさず寝てしまうのはNG。寝ている間に濡れたままの髪を枕やシーツにゴシゴシと擦り続けているようなものですから、髪がボロボロになってしまいます。

髪にダメージを与える大敵!枝毛と静電気の関係とは

冬はマフラーやコートに髪がくっついたりしがちですよね。これは静電気のしわざ。そして静電気は見た目以上に大きな負担を髪に与えてしまいます。
そもそも静電気は空気が乾燥する季節に起こりやすい現象です。乾燥した髪に静電気が発生すると、髪はダメージで脆くなって切れ毛や枝毛を引き起こしてしまいます。キューティクルが剥がれてむき出しになった枝毛はさらに静電気を起こしやすい環境を作ってしまうため、髪にますますダメージを与える、という悪循環に陥ります。

髪のダメージを防ぐ秘訣…それは乾燥させるスピードに注目して!

「ドライヤーを使うとますます髪が乾燥して傷んでしまいそう…」と思っていませんか?実は髪の乾燥を防ぎ、ダメージを最小限に抑えるためにこそドライヤーは必要なのです。
髪の表面は、キューティクルによって守られています。これは濡れると開き、乾くと閉じる性質を持っています。髪を乾かすには自然乾燥が一番優しいと考えている人もいますが、ゆっくり乾燥させるとキューティクルが開きっぱなしの状態に。せっかくのトリートメントの成分が流れ出してしまう上に、キューティクルが傷つきやすく髪のダメージへとつながってしまうのです。キューティクルは一度傷ついてしまうと、二度と再生することはありません。髪を洗った後はなるべく早くキューティクルを閉じるためにドライヤーが必要となるのです。

速乾性の高いドライヤーでツヤのある美しい髪に!

洗った後の髪は、15分以内に乾かすことが理想です。そのためドライヤーに求められる性能は「速乾性」。なるべく早く髪を乾かすことができれば、その分髪の健康を守ることにつながります。
乾かすときは髪の一カ所に集中して熱が当たることのないように、15cmほど距離をとって全体的に風を当てます。毛先は特に傷みやすいので根元から乾かしていき、毛先は最後にさっと当てる程度で大丈夫です。全体の80%~90%が乾いたら、冷風に切り替えて全体に風を送りキューティクルを閉じます。この最後の冷風を当てることで、髪のツヤを引き出すことができます。

ほかにもある!冬の髪を守るためにできること

しっかり髪を乾かすことに加えて、いくつか気を付けることで、より髪のダメージを防ぐことができます。まずオフィスなどではエアコンの温風が直接当たらないように気を付けましょう。またシャンプーする時には泡立てる時に髪同士が擦れてキューティクルが傷つかないよう、手のひらでしっかり泡立ててから洗うことが大切です。同様にタオルドライする時もゴシゴシ拭くのではなく、タオルを抑えるようにして優しく水分を吸収させましょう。

 

意外と知らない髪の性質。正しいヘアケア方法を学ぶことこそが、健康で美しい髪を守るための近道です。お風呂後はドライヤーですばやく髪を乾かし、乾燥と枝毛をしっかりと防ぎましょう。今年の冬は静電気知らずで過ごしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

気になる冬の広がり髪!欲しかったのは持ち運びできるヘアアイロン

冬になると乾燥で髪が広がりやすくなります。アフターファイブのお出かけでは、髪をしっかり整えたいですよね。今回…

kon / 630 view

冬の美容は加湿が肝心!乾燥肌に心強いおしゃれな加湿器

冬になると乾燥が気になりますが、美容を意識するときには加湿器を使って対処したいところです。美容や風邪予防に効…

kon / 438 view

乾燥ダメージ対策に!髪に優しい優秀ドライヤー4選

乾燥による髪へのダメージが心配な冬、髪に負担をかけず乾かすことができる優秀なドライヤーをご紹介します。シンプ…

はるこ / 391 view