高級トースター「BALMUDA The Toaster(バルミューダ ザ・トースター)」をご存知ですか?一般的なトースターが数千円で販売されているのに対し、なんとこちらは25,000円。今回は、バルミューダ ザ・トースターの一体何がすごいのか解説すると共に、高級トースターでリベイク(焼き直し)して楽しみたい都内のベーカリー5選を紹介します。

バルミューダ ザ・トースターはリベイクに最適

バルミューダ ザ・トースターの最大の特長は、水を使うことです。加熱されたスチームが庫内を満たすことで、パン自体の持つ水分を閉じ込め、外はこんがり中はふっくらとした焼き上がりを実現しています。

また、通常のトースターとの違いはマイコン制御で加熱を管理しているという点。搭載されたモード毎に時間や温度が設定されていて、パンの種類に合わせて最適な焼き方が選択できるようになっているのです。モードは4つあり、トースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサンが用意されています。

トーストは通常のトーストやバタートーストに。チーズトーストはピザトーストなどの具材が乗ったトーストに。フランスパンはバゲットなどの硬めのパンに。クロワッサンはクロワッサンやカレーパンなどの温めにそれぞれ適しています。逆にモードの選択を間違えてしまうと、せっかくの機能も台無しなので気をつけましょう。

そしてもう一つ人気の理由は、なんといってもシンプルでスタイリッシュなデザイン。単色ですっきりとしたデザインは、置く場所を選びません。ご家庭のキッチンはもちろん、生活感を出したくないオフィスなどでもしっくりと収まります。写真だけでは分かりませんが、時間表示はLEDランプ、焼き上がりも柔らかな電子音と洗練されています。

さて、そんな極上のトースターでリベイクするならば、パンも極上のものを選びたいですよね。というわけで、続けてぜひバルミューダ ザ・トースターでリベイクしたくなるパンを販売するベーカリーを紹介します。

Sifnifiant Signifie(シニフィアン・シニフィエ)|世田谷本店ほか

三軒茶屋駅から徒歩15分、世田谷公園近くにある「シニフィアン・シニフィエ」。駅からは若干距離があるため、不安な方はタクシーなど車で向かうか、あるいは新宿高島屋の同系列店を利用しても良いでしょう。木目調の温かみある内装の店内ではバリエーション豊富なパンが販売されています。その中でもパンドミは日本人向けに作られた食パンで、ホップと米麹から作られた酵母とレーズン酵母、2種類の酵母を掛け合わせています。さらにそれを長時間発酵させることで風味をプラスするというこだわりよう。イートインで食べるのはもちろん、家でリベイクして楽しむのにもぴったりです。

パンとエスプレッソと|表参道、千駄ヶ谷ほか

表参道近くにある「パンとエスプレッソと」は、名前通りコーヒーに合うビターなチョココロネなどが人気。毎日食べても飽きないパン、というコンセプトを元に、常時30種類以上のパンを販売しています。チョココロネのほかパニーニなども人気なのですが、特に注目すべきは販売個数が限定されることもあるムーという甘く仕上げられた小ぶりの食パン。店内ではムーを使ったフレンチトーストを食べることもでき、これを目当てに訪れる人も少なくありません。テイクアウトとあわせて、試してみてはいかがでしょう。フライパンに乗せられたままテーブルへ運ばれてくるフレンチトーストは、一見の価値ありです。

ULTRA KITCHEN―365日|代々木公園直営店ほか

「365日」は“1日1日の積み重ねが365日を充実させる”というコンセプトを掲げる代々木公園にあるベーカリー。その評価は「独創性溢れるパン」や「常識破りのパン屋さん」などなど、これまでのベーカリーとは一味違います。独創性の片鱗は、ベーカリーらしくない外観の雰囲気からも読み取れるのではないでしょうか。そんな365日の特長は、パンが小ぶりで食べきりやすいこと。一人暮らしの場合や少人数の家族でも、たくさん種類を買えるというのがとってもありがたいです。看板メニューであるクロッカンショコラや3種類ある365日食パンなど、リベイクしたくなるパンが盛りだくさんですよ。

PAUL(ポール)|アトレ四ツ谷店、六本木一丁目店ほか

「ポールアトレ四ツ谷店」は、駅ビルの中に入っているため非常にアクセスしやすいのがうれしいところ。ポールのおすすめはなんといってもカヌレで、その味は本場フランス人のお墨付き。カヌレは、ラム酒がほのかに香るフランスボルドー地方の伝統菓子なのですが、まだ食べたことがないという方こそぜひ試してほしい一品。見た目はなんだか地味に見えるかもしれませんが、外はカリッと、中はもちもちの食感は一度食べればきっとやみつきになるはず。カヌレは冷めてもおいしいお菓子ですが、リベイクすることで香りや食感を改めて楽しめるのではないでしょうか。

Le Petitmec TOKYO(ル・プチメック東京)|新宿

新宿マルイ本館の1階にある「ル・プチメック東京」は、京都発祥のベーカリー。シックな外観と落ち着いた内装は高級感が漂いますが、豊富な種類のパンが比較的リーズナブルな価格で販売されています。バゲットやクロックムッシュなどさまざまなパンが並びますが、特におすすめはクロワッサンとラムレーズン入りミルクフランス。いずれも絶妙な焼き具合が印象的で、フランス人から「ふるさとの味」と評されたこともあるのだとか。通常のトースターでは硬くなりそうなパンも、バルミューダ ザ・トースターならもちもちとした食感を残しつつリベイクできるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

おいしくてあったまる!冬ならではのホットスムージーレシピ5選

健康のためにスムージーを続けたいけれど、冬の寒さに負けそう。そんなときには、ホットスムージーがおすすめ!旬の…

yumiK / 214 view

まずは知っておこう!食育の3本の柱とは?

食育には、基本となる3本柱があります。食育を実践するにあたり、まずは知っておきたい食育の基本的な考え方をご紹…

みっちー / 339 view

100均から高級品まで!ワッフルメーカーの種類と選び方

ゆったり過ごしたい朝や、お友達が来た時のおやつにも大活躍してくれるワッフルメーカー。ちまたで販売されているの…

みっちー / 822 view