ふたりで楽しむコーヒーメーカーは、大きすぎないコンパクトなタイプが理想的ですよね。中でも±0(プラスマイナスゼロ)のコーヒーメーカーは、シンプルで場所をとらないのに本格派なコーヒーメーカーとして人気を集めています。

ふたりの暮らしにぴったりな ±0のコーヒーメーカー

出典:plywood

±0の「コーヒーメーカー 2カップ」はコンパクトで場所をとらないので、ふたりの毎日にぴったりです。その名前の通り、コーヒーカップを2つ並べて、同時にコーヒーを淹れることができます。仲良く並んだコーヒーカップは、大切な人とコーヒーを飲む素敵な時間を連想させます。もちろん、コーヒーカップ1つだけでも使うことができます。忙しい朝でも、2杯同時にコーヒーを用意できるので時間の短縮にもなります。飲みたいときに、飲みたい分だけコーヒーを淹れることができる、便利なコーヒーメーカーです。コーヒーを楽しむ習慣のあるおふたりにおすすめしたいアイテムです。

±0のオリジナルのマグカップが2個付いてくる

±0の「コーヒーメーカー 2カップ」では、オリジナルのマグカップが2個ついていきます。白磁のシンプルなマグカップは、他の食器やテーブルウェアとの相性を気にせず使えるので重宝します。コーヒーの色とは対照的な白いカラーが印象的です。底面には「±0」のロゴが入っていることもポイントです。±0というブランドの意味として、「ちょうどいい」を表す記号のようなものとして位置づけられています。ぴったりな形、ちょうどいい大きさといった生活に溶け込みやすい物作りを行っているメーカーなのです。物作りへの思いが感じられますね。

場所をとらないコンパクトさが魅力のジャストサイズ

「コーヒーメーカー 2カップ」の魅力は、なんといっても場所をとらないコンパクトさにあるでしょう。都心のマンションでは、どうしてもキッチン周りのスペースが限られてしまいがちですよね。コンパクトなのでキッチンにもちょっとしたスペースがあれば置けてしまいますが、「もうキッチンには家電を置けない」という方も大丈夫です。ダイニングテーブルの隅に置いてもかさばらず、置き場の選択肢が多いことが魅力です。ふたりで暮らす空間は、できるだけ物を増やさずにコンパクトになるようにしたいところですが、「コーヒーメーカー 2カップ」ならちょうど良いサイズなので便利です。

お手入れもしやすい設計のコーヒーメーカー

±0のコーヒーメーカーは、無駄を省いたシンプルなデザインが特徴です。シンプルな中にも工夫やアイディアが凝縮されており、使う人のことがよく考えられていることも人気の秘密です。側面から見ると縦方向にはすっきりとした直線が美しいシルエットで、天面も凹凸がないフタによってシンプルな構造が実現しています。受け皿のステンレスは取り外して洗うことができるので、お手入れも楽々です。毎日使うものなので、長い目で見るとデザインだけでなくお手入れのしやすさも重要なポイントになります。コーヒーを愛する人にとっては、ストレスなくコーヒーメーカーのお手入れができることも魅力の一つです。

カラーバリエーションは3種類!好みに合わせて選ぼう

±0の「コーヒーメーカー 2カップ」は、使い勝手の良い3色のカラーバリエーションがあります。定番のブラックのほか、ベージュとレッドも用意されており、お部屋の雰囲気や好みに合わせて選択の幅も広がります。ブラックは定番カラーでシックな雰囲気にもよくマッチします。ベージュは暖かくやわらかい雰囲気で、ナチュラルなお部屋のインテリアともよく合うでしょう。レッドはブラックやベージュと比べるとやや派手なイメージもありますが、コーヒーメーカー自体がそれほど大きくないため主張しすぎません。お部屋のアクセントになり、雰囲気が華やぐでしょう。お部屋に合ったカラーを選んで見た目も楽しみたいところです。

 

ふたりで過ごす時間にぴったりの「コーヒーメーカー 2カップ」をご紹介しました。お部屋の雰囲気に溶け込むようなシンプルで美しいデザインのコーヒーメーカーで、毎日のコーヒーブレイクをより素敵なものにしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

キッチンが華やぐ!オシャレで便利なキッチン用品5選

オシャレで便利なキッチン用品は、お料理の時間を楽しいものにしてくれます。キッチンが華やぐようなデザインで、さ…

kon / 570 view

料理好きの憧れ♡コンベクションオーブンって何が違うの?

料理好きなら見逃せないコンベクションオーブンについて、通常のオーブンとの違いを徹底解説!オーブンの購入を検討…

円/しじままどか / 514 view

食べ物の大切さを教える食育の絵本5選

私たちの体を育んでくれる、毎日の食事。子育ての中でも食育は絶対にかかせないものです。今回は、食べ物の大切さを…

Jun / 1892 view