色々なモノがどんどん進化し便利になる中、傘って昔からあまり変わっていませんよね。でも、実は、進化した傘が+d(プラスディー)から登場しているのです。傘を持って外出する時に誰もが感じるストレスを魔法のように解消してくれる、不思議な傘を使ってみませんか?

傘に見えるけど何か違う?不思議なカタチ +d(プラスディー)の傘

出典:plywood

傘を開いたら外側に骨組みが出て、なんだか裏表逆にくっついてしまったかのような外見。閉じた姿もハンドルから下がさかさまです。一見ギョッとするような見慣れない外見ですが、これは考え抜いて作られた「人にやさしい」傘なのです。デザイナーの梶本博司氏が構想から数十年かけて、既成概念を打ち破って生み出しました。梶本氏が言うように、この不思議なカタチが傘の新しいスタンダードとなる日も遠くないかもしれません。

傘を閉じる時、人も荷物も濡れないカタチ

傘を閉じると、まずたたむのに手が濡れ、持っている間に服やバッグが濡れ、電車に乗れば周りの人に当たらないように気を遣う…こんなストレスを感じるのが普通です。でも、+dの傘は閉じた時に濡れた面と骨組みが内側にくるので、自分が濡れないのはもちろん、周りに迷惑もかかりません。また、特に車の乗り降りをする時に便利さを発揮します。傘を置いても車内を濡らすことがありませんし、降りる時に傘を開くのも、今までの傘と違って引っかからずスムーズなのです。女性であれば、セットした髪が骨組みに引っかからないというのもポイントが高いですね。

手を空けたい時、置いても倒れない!自立する傘

傘を持つとただでさえ荷物が増える上、置きたくても引っかける所がないと置けない、立てかけてもすぐ倒れる…そんなストレスを感じている方は多いはずです。でも、+dの傘は、閉じた姿も逆さまであるために自立するのです。傘をちょっと置いてバッグの中を探したり、支払いをしたり、そんなちょっとした時に傘が自立するありがたみが分かるはずです。濡れた傘を離れたところに掛けておく必要がなくなれば、傘をどこかに置き忘れる確率も少なくなりそうですね。

小さなストレスも見逃さない!どちらでも巻けるバンド

傘を閉じてクルッとバンドで巻く時、左右逆に巻いてしまってやり直し…という経験が誰しもあるのではないでしょうか?急いでいる時ほどそういうことをやってしまったりして、イライラの原因になります。+dの傘のすごいところは、そんな小さなストレスも見逃さなかったこと。右巻きでも左巻きでもどちらでもOKですし、しっかりしたゴム製なので、利き手でなくても巻いて留めることができるのです。これは子どもからお年寄りまで使いやすいユニバーサルデザインの傘といえるのではないでしょうか。

個性的な傘に、こんな傘立てはいかが?

折り畳んだ姿も個性的な+dの傘を普通の傘立てに入れてしまってはもったいない!同じく+dのスプラッシュミニという傘立てと合わせるのはいかがでしょうか?こちらの傘立て、ミニマムかつコンパクトなデザインにも関わらず、傘を7本も立てられるという優れものです。水たまりにできる水はねをモチーフにした遊び心ある見た目で、7色展開とカラーバリエーションも豊富。引っ越し祝いにもよさそうですね。底があるので、鉛筆立てや花瓶など他の使い方もできますよ。

 

不思議な傘の、人にやさしい理由がお分かりいただけたでしょうか?きっと子連れでのお出かけにも重宝するに違いありません。やさしい傘がもっと広まって、違う色や柄物など、デザインが豊富になれば嬉しいですね。内側から自分だけ傘の模様を眺めるという楽しみができれば、雨の日の外出も足取りが軽くなりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ノーベル賞の晩餐会でも使われる。ロールストランド「エデン」シリーズの魅力とは?

スウェーデンの老舗食器メーカーのロールストランド。今回は人気のあるエデンシリーズのおすすめアイテムをご紹介し…

kon / 939 view

あなたにあうのはどれ?バイタミックスの人気機種を徹底比較

バイタミックスが気になるけど、どんなタイプがあるの?そんな疑問を解決するため、バイタミックスの機種を徹底比較…

長谷川サツキ / 783 view

やっぱり欲しい!ジョゼフ・ジョゼフの可愛いキッチン用品たち

キッチンに置いてあるだけでパッと明るくなるジョゼフ・ジョゼフのとっても可愛いキッチン用品たちをご紹介します。…

みっちー / 783 view