スムージーを作るときに、まず行うのがフルーツの皮や種を取り除くこと。それが当たり前になっている人は、実は栄養面で損をしているのかもしれません。いつも何気なく捨ててしまっている部分が、食べている部分にも増して高い栄養価を含んでいることもあるのです。しかし皮や種は、そのまま口にするのには固いものが多いですが、スムージーにすれば飲みやすいですね。せっかくフルーツの栄養を摂るのなら、全部まるごといただいちゃいましょう。

白い果肉よりも赤い皮にペクチンが多いリンゴ

一般的にフルーツを食べるときには、固い皮や種を取るのが習慣となっています。口に入れておいしく味わうには、食感も大切なポイントだからです。ですが、その習慣をそのままスムージーに当てはめることはありません。皮や種ごとスムージーにすれば、栄養価が格段にアップするフルーツもあるのです。

果実の多くは、皮の近くに栄養を蓄えています。その代表的なものはリンゴ。リンゴに含まれるペクチンは、消化機能や血圧を整える作用があります。このペクチン、白い果肉の部分よりも赤い皮に多く含まれているのです。また、リンゴの皮には、ほかにも、免疫力アップに役立つエピカテキン、肌の美白に期待できるプロシアニジンなども含まれています。

■リンゴのスムージーおすすめレシピ

リンゴ1個×バナナ1本×小松菜1/2束

キウイの皮に多いポリフェノール!気になる毛は?

皮ごとスムージーにするときには、その皮の状態も気になるところです。まずは、農薬が残らないようにしっかりと洗っておくことが基本です。その上で、フルーツの種類によっては、細かな毛が気になるものがありますね。

キウイもそんなフルーツの1つですが、だからといって皮を取り除いてしまっては、せっかくの栄養を摂り損ねてしまいます。実はキウイの皮に含まれているポリフェノールの量は、果肉の部分の約3倍。食物繊維やビタミンCなども豊富です。生産地として有名なニュージーランドでは、皮ごと食べる人もめずらしくないようです。どうしても気になるのなら、一旦冷凍しておくと、皮についている毛もミキサーでくだけやすくなります。

■キウイのスムージーおすすめレシピ

キウイ1個×リンゴ1/2個×バナナ1本×小松菜1/3束×水200cc

厚い皮も薄い袋も!果実全体にパワーを持つみかん

柑橘系のフルーツの皮には、β-カロチンやビタミンCがたっぷりと含まれています。皮ごと使うスムージーの材料には、産地が住んでいるところに近いもので比較的農薬の心配のない国産のものがよいでしょう。温州みかんは手に入りやすいという点でもおすすめのフルーツです。

柑橘類は、外側の厚い皮と内側の薄い複数の袋に包まれています。みかんを食べるときには、内側の薄い袋や白い筋を丁寧に取る人も多いのですが、みかんの薄い袋に含まれるビタミンPは、果肉の50倍、白い筋に含まれるのは果肉の100倍ともいわれています。ビタミンPはポリフェノールの仲間で、毛細血管に働くことから美肌作りにも役立つものです。また、みかんの外側の皮には、花粉症対策に効果的なパワーが秘められています。

■温州みかんのスムージーおすすめレシピ

みかん1個×バナナ1本×ヨーグルト200cc

固いアボカドの種の栄養もスムージーなら摂取しやすい

アボカドは、「食べる美容液」とも称されているほど栄養価に優れたフルーツです。肌の老化防止に嬉しいビタミンEや脂肪の分解をサポートするビタミンB2、葉酸や鉄分など、アボカド含まれる栄養成分は25種類以上。その含有量がフルーツの中でトップの値を示すものも多いのです。

ですが、アミノ酸の70%が存在するのは種の中。これまで種を食べていなかった人は、栄養の多くを捨ててしまっていたことになるのです。これからはぜひ種も一緒にミキサーに入れたいですね。

ただし、アボカドの種にはペルシンというものが含まれています。天然ゴムにアレルギーを持つ人は、この物質によって症状を引き起こすこともあるので、避けるようにしてください。

■アボカドのスムージーおすすめレシピ

アボカド(種ごと)1/2個×梨1個×リンゴ1/2個×ほうれん草1/3束×ショウガ少し×水200cc

ブドウのスムージーなら皮も種もまるごと使える

ポリフェノールが豊富なことで知られているブドウは、皮も種も食べられるフルーツです。比較的粒の小さな果実であるブドウの皮と種を処理しようとすると時間がかかるため、スムージーにはあまり利用していなかったかもしれませんね。でも皮と種ごと使えるのなら、スムージーにするのも簡単です。

赤ワインにも使われるブドウの皮には、抗酸化作用に働く「レスベラトロール」というポリフェノールが含まれています。また、あまり役に立たないのではと考えがちな種は、グレープシードオイルの原料となるものです。「プロアントシアニジン」という名の一種のポリフェノールが含まれ、老化の防止や美肌作りに期待できます。

■ブドウのスムージーおすすめレシピ

ブドウ20粒×ラフランス1個×ほうれん草1/2束×水200cc

 

フルーツの皮や種に秘められた効能を知れば、今までゴミ箱行きだった部分も、優秀な食材に見えてきますね。そのままでは食べにくい皮や種も、スムージーだからこそ、栄養を逃さずにまるごと摂取できます。皮や種の固さも、パワーが強力なミキサーを使えば気になりません。仕上がりの食感も滑らかです。手間が省ける上に栄養価もアップしたスムージーを、ぜひ試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

基本を勉強する!食育の概念ってどこから産まれたの?

食育とは、健全な食生活の実現に向けた考え方であり、豊かな食生活を育むための概念です。2005年の食育基本法の…

みっちー / 280 view

ごはんがおいしく炊ける土鍋の秘密!レシピをご紹介!

土鍋を使うとごはんがおいしく炊ける理由、ごはん料理のレシピと使いやすい土鍋をご紹介します。一人用土鍋、モダン…

saya / 310 view

発酵生活はじめよう!ヨーグルトメーカー クビンスを使った厳選レシピ10選

ヨーグルトメーカーが作れるのはヨーグルトだけではありません。ヨーグルトメーカークビンスならチーズや納豆も作る…

marina / 11566 view

関連するキーワード