寒い季節になると気になるのが空気の乾燥。乾燥はお肌だけでなく髪にもダメージを与えてしまうので、しっかりとケアしておきたいものですね。今回は、乾燥する季節に取り入れたいおすすめのドライヤーをご紹介します。プチプライスから高級路線まで、幅広く選んでみました。

乾燥などによるダメージのケアには、ドライヤー選びが肝心

冬はそもそも空気が乾燥している上、エアコンなどの暖房を使用することによって湿度が低い状態に身体が晒されがちです。乾燥はお肌だけではなく、髪にとっても大敵。髪が乾燥すると指通りが悪くなる、手触りがパサつく、ツヤがなくなるといったトラブルに繋がってしまいます。
また「ドライヤーは髪によくないので、自然乾燥させる」という方もいらっしゃるかも知れません。しかし、これは間違い。キューティクルは濡れていると剥がれやすくなるため、濡れたまま放置すると深刻なダメージを負ってしまう可能性があります。美しい髪をキープするためには、髪の内部に必要な水分を保ちつつしっかりと乾かしてくれるドライヤーを選ぶことが大切なのです。

シンプル・イズ・ベスト。±0 Hair Dryer

出典:plywood

スタイリッシュなフォルムが魅力的な±0のドライヤー。余分なものをそぎ落としたシンプルな作りながら、1200wの強力なパワーで濡れた髪を素早くしっかりと乾かすことができます。
さらに、使用中は常に約100万個/㎤以上という大量のマイナスイオンを放出。キューティクルの損傷の一因となるプラスイオンを中和し、静電気の発生を抑制してくれるため、髪をまとまりやすくサラサラの状態に整えてくれます。
クールボタンを押している間だけ冷風が出る「クールショット機能」も髪に優しいポイントの一つ。いちいちスイッチを切り替えることなく温冷をコントロールできるため、ヘアドライ中の髪の温度管理も簡単です。
コンパクトかつ軽量で持ち運びしやすいため、旅行や帰省の際にも普段通りのヘアケアが可能。これだけの実用性を誇りながら、購入しやすいプライスである点もうれしいですね。

大風「速」で素早く乾かす。mod’s hair Advenced ION RAPIDE

出典:plywood

濡れた髪はとても傷みやすい状態。ダメージを防ぐためには、いかに素早く乾かすかどうかが一つのカギとなります。髪にとって重要な速乾を、風量ではなく「風速」によって可能にしたのがION RAPIDEです。
1200wのパワーに加え、たくさんの羽によって多くの風を送り出す「シロッコファン」を採用。使用電力やモーターの回転数に対し効率よく風を送るため、使用中の騒音も軽減してくれます。さらに狭い吹き出し口と風向きを整える「整風リング」により根元までしっかりと風を届け、スピーディな仕上がりを実現。思わずヘアドライをさぼりたくなるようなお疲れの日にも、ストレスなくきちんと髪を乾かすことができますね。
また、オンオフ切り替え可能なマイナスイオン発生装置も搭載。乾燥による静電気の発生を抑え、サロン帰りのようなまとまりのある髪に整えてくれます。

乾かしながらヘアエステ。Panasonic ヘアドライヤー ナノケアEH-NA98

ナノケアの一番の特長は、水分をたっぷりと含んだ微粒子イオン「ナノイー」を放出することです。髪の内部にまで浸透してうるおいを与えるほか、かゆみやフケの原因となる地肌の乾燥もケア。さらにマイナスイオンとの相乗効果によりキューティクルを引き締め、摩擦などによるダメージへの耐性も高めることができるのです。
また、温風と冷風を自動で切り替える「温冷リズムモード」にも注目。ヘアドライの仕上げに取り入れることで髪表面をなめらかに整え、美しい「天使の輪」を作り出してくれます。温冷リズムモードに加えて、地肌を乾かす「スカルプモード」、そしてなんと顔に当てることでお肌のうるおいを保ってくれる「スキンモード」までも搭載。一台できれいをかなえてくれる、とても贅沢なドライヤーです。

まさに次世代ドライヤー。Dyson Supersonicヘアドライヤー

一見するとドライヤーかどうか分からないほど、全く新しい形状のDyson Supersonicヘアドライヤー。マイナスイオンを放出し静電気を抑制するほか、温度センサーにより風の温度を適切にコントロール。温度の上がりすぎによるダメージを防ぐことができます。
また、毛流れを整えるスムージングノズル、ブロー用のスタイリングコンセントレーター、カールヘアをふんわりと乾かせるディフューザーの3つのアタッチメントが付属。中でも注目したいのはスムージングノズルです。こちらは、比較的弱くゆっくりとした風を分散させることにより髪の飛び散りを抑え、自然で美しいスタイルを作り出す、というもの。ブラシを使うことなく、手ぐしのみでなめらかにまとまる仕上がりを実現してくれます。
お値段は多少張りますが、その分機能性と髪への優しさは抜群。自分への投資に選びたい逸品ですね。

髪をいたわりながら乾かしてくれる、4つのドライヤーをご紹介しました。機能もプライスも四者四様ながら、どれも魅力的なものばかりです。乾燥ダメージが気になるこの季節、あなたにぴったりのひと品を見つけてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

気になる冬の広がり髪!欲しかったのは持ち運びできるヘアアイロン

冬になると乾燥で髪が広がりやすくなります。アフターファイブのお出かけでは、髪をしっかり整えたいですよね。今回…

kon / 630 view

露出の少ない冬こそチャンス!密かにおうち脱毛をしてみませんか?

脱毛といえば春になって行おうとする人が多いです。しかし、実は冬こそ脱毛を始めるベストシーズンなのです。今回は…

kon / 299 view

冬の美容は加湿が肝心!乾燥肌に心強いおしゃれな加湿器

冬になると乾燥が気になりますが、美容を意識するときには加湿器を使って対処したいところです。美容や風邪予防に効…

kon / 438 view

関連するキーワード