留守中に家を掃除してくれるということで人気のロボット掃除機ルンバに続き、異なる機能を持つブラーバが発売され、高い評価を得ています。ブラーバはルンバとどう違うのでしょうか?また、自分の家や生活スタイルに合うのはどちらのお掃除ロボットなのでしょうか?ルンバとブラーバ、それぞれの特徴をみていきましょう。

ゴミを吸い取るルンバと拭き掃除をするブラーバ

2002年にアイロボット社から初代ルンバが発売されてから10年以上経ち、ロボット掃除機の代名詞としてルンバは広く知れ渡るようになりました。それに対し、ブラーバは2013年に発売開始とまだまだ歴史が浅いにも関わらず、評価が高く人気が急速に広まっています。
ルンバもブラーバも両方ともお掃除ロボットですが、実は用途が異なります。ルンバは掃除機と同じくホコリや髪の毛を吸い取るもの。ブラーバは床の乾拭きや水拭きをするものなので、どちらが良いとは一概には言えません。
健気に黙々と掃除する姿に愛着がわいて、ペットのように名前を付ける人も多いようですよ。

ロボット掃除機「ルンバ」が得意なこと

ルンバは2cmまでの段差なら乗り越えるのでラグの上にも上り、高さ10cm以上の隙間があれば家具の下にも潜って掃除されます。家具の脚などの障害物や部屋の端っこは、エッジクリーニングブラシで掃除するので、想像以上にすみずみまでゴミを取ってくれます。床の種類によって吸引口を最適な状態にセットするほか、最上位機種ではカーペットに上がると自動的に吸引力をアップさせ、奥の髪の毛やホコリまで吸い取ります。吸引力があるにも関わらず排気が少ないので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使えます。予約時間をセットすれば、外出中に掃除して自動的に元の場所に戻り充電してくれるので、帰宅するときにはすっかりキレイになった部屋が迎えてくれます。

床拭きロボット「ブラーバ」が得意なこと

ブラーバには乾拭きと水拭きの2つのモードがあります。ホコリや髪の毛といった目に見えるゴミだけでなく、風とともに入ってくる微細なチリのざらつき。
子どもの食べこぼし、キッチンのベタベタする油汚れまでキレイに拭き取ってくれます。製品にはウェット用とドライ用の専用クロスが付属していますが、市販の安価なウェットシートを買って使い捨てにすることで、さらに時短を図ることが可能です。掃除機をかけた後でも、ブラーバをかけるとクロスがかなり汚れるので、効果を実感する人が多いようです。ブラーバの後は床がツルツルで、素足で歩くのが楽しくなりますよ。また、North Starキューブが付属しており、部屋の中央付近に置くことで、ブラーバの位置情報をより正確にしてくれます。さらに、ブラーバはとても静かなのでテレビを見ている間に拭き掃除をしてもらうこともできます。

ルンバとブラーバの苦手なことって何?

ルンバの難点として掃除機であるゆえに避けられない騒音が弱点でしょう。外出中にタイマー予約で掃除してもらう分には問題ないのですが、在宅の時や夜間は音が気になることもあります。また、在宅の時に使うと、自分で掃除するより時間がかかることが気になるかもしれません。
ブラーバはラグなどを水拭きしないように、わずかな段差も上がれない設計になっています。そのため、部屋と部屋の間に段差がある場合はスロープになるものを設置するか、移動させる必要があります。また、ラグの下に潜り込んで出られなくなることがあるので、軽いマット類は掃除前に避けておいた方がスムーズ。ブラーバは掃除後にクロスを取り外すという工程があるため、元の場所には戻ってきますが、ルンバのように自動充電はしてくれません。

あなたの家はルンバとブラーバどちらが向いている?

ルンバとブラーバそれぞれのメリット・デメリットを見てみると、どんな部屋にどちらのロボットが合うか見えてきたのではないでしょうか?和風で畳が多い家やじゅうたんなどの敷物が多い家は掃除機のルンバが圧倒的に便利ですし、洋風でフローリングやタイルがメインの家ならば水拭きできるブラーバが威力を発揮しますよね。その逆だと、あまり効果を感じられないとか、ほとんど使えないということになりかねません。もちろん、ルンバをかけた後にブラーバで仕上げるとか、部屋ごとに違うロボットを使うというように、両方を上手に使い分けるというのもいいでしょう。

我が家にはルンバがいいな、ブラーバの方が合うな、などと決まりそうですか?もしも掃除の時間短縮ができたら、他のことにもっと時間をかけることができますよね。毎日キレイな部屋で、やりたいことに熱中できたら、もっとていねいな暮らしができそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ここまでオシャレになれる!見せたい掃除用具5選

掃除用品・掃除グッズも進化し、いつもの掃除用具がインテリアにもなるようなオシャレな姿で登場!掃除するのが楽し…

flexible / 384 view

珪藻土バスマットが人気の秘密とは?

バスマットも様々な素材のものが発売されていますが、最近、珪藻土バスマットがじわじわと人気が出てきています。耳…

はいり / 586 view

キッチンカウンターをDIYする時に気をつけたいこと

「おしゃれで機能的なキッチンカウンターをDIYしたい!」「今から作る!」という方に読んでいただきたい、キッチ…

みっちー / 382 view

関連するキーワード