毎年頑張って大掃除しているはずなのに、なぜかすぐにまた散らかってしまう…そんなお悩みはありませんか?もうすぐ新しい年の幕開けです。来年こそはきれいな状態を保ちたいというあなたに、片付け上手になるための5つのヒントをお教えします。

やる気を後押し。気分が上がるお掃除グッズを取り入れよう

出典:plywood

掃除は日々行うものですから、道具にはこだわりたいところです。たとえば画像のスティック型掃除機「ダイソンv6」は、花粉やカビといった目に見えないゴミまで強力に吸引。さらに吸ったゴミはしっかりと本体内に閉じ込めるため、排気はなんとお部屋の空気よりもきれいです。まるで空気清浄機のような機能を持っているため、小さなお子さんやホコリなどに敏感な方のいるご家庭にもぴったりですね。さら長いパイプを取り外せば、コンパクトなハンディ掃除機としても使用可能。車や階段などの狭い場所も、これ一台でらくらくお掃除できます。
また、スタイリッシュで洗練された外見も高ポイントです。毎日使うものだからこそ、愛着がわくようなおしゃれなルックスは大切。こだわりの掃除機を使えばお掃除のやる気もアップして、きれいなお部屋を保つことに繋がりますよ。

ポイントは頑張らないこと!「ついで掃除」できれいをキープしよう

きれいな状態を保つには、毎日のお掃除が大切。汚れが溜まってから掃除に取りかかったのでは手間も時間もかかってしまいますが、こまめに行えば楽に済ませることができますね。とはいえ、一度に家中の掃除をしようと思うとなかなか腰が上がらないもの。ここは頑張りすぎず、何かの「ついで」に手早く済ませてしまいましょう。
たとえば、帰宅して手を洗うついでに洗面ボウルを洗う、トイレを使ったついでに床を拭いておく、洗濯物を干すついでにベランダを掃き掃除するなどです。全てを一度にきれいにしようと思うと時間がかかりますが、「ついで掃除」なら一カ所につき5分もかかりません。行ったついで、使ったついでに少しずつ掃除していけば、負担を感じることなくきれいを保つことができますよ。

片付けせざるを得ない…ゲストを招いてしまおう

今一つ片付けや掃除のモチベーションが上がらず、ついつい部屋を散らかしたままにしてしまう…という方におすすめなのが「自宅にゲストを招く」ことです。お客さんが来るとなれば、部屋を散らかしたままにはできませんよね。つまり、否が応でも掃除せざるを得ない状況を作り出そうという、言わば背水の陣のような方法です。
しかし、すっきりと片付いた部屋で友人をおもてなしすれば、「きちんとした人」として一目置かれる可能性もありますよ。
また家をきれいに見せたい時、ぜひ押さえておきたいポイントが洗面所やトイレといった水回りです。特に蛇口や鏡がピカピカに磨かれていると、行き届いた印象を与えることができます。急な来客で掃除の時間が足りないという場合にも、水回りを優先的に行うと良いでしょう。

理想はワンアクション。片付けやすい収納にしよう

使ったものをその都度元の場所へ戻せば、ずっと整頓された状態を保つことができますね。そのためには、「片付けやすい」収納を心がけることが大切です。理想は、「出す」「戻す」がそれぞれ一動作で済む状態にすること。「戸棚を開け、カゴを引き出し、中に積み重なったものをどけてから対象物を取り…」というように必要な動作が多いと、片付けるのが億劫になってしまいます。
また、スペースいっぱいにものを詰め込むのも避けましょう。収納はスペースの8割までを目安にし、さらに入っているものがひと目で見渡せるようにすると使いやすくなりますよ。
家族がいる場合、何をどこに戻せば良いのか誰が見ても分かるようにラベリングするのも有効。またクローゼットなど大きなスペースには、どこに何がしまってあるのかをおおまかに記した「収納地図」を貼っておくのもおすすめです。

一つ買ったら一つ処分。ものを増やさないようにしよう

家の中を常にすっきりとさせておくためには、「捨てること」「増やさないこと」の2点が重要。たとえば洋服なら2年間など、一定の期間使わなかったものはキッパリと処分してしまいましょう。新品同様のものやブランド品など価値が見込める品物の場合は、不用品買取りやネットオークションを活用しても良いですね。また同時に「本当に気に入ったものしか買わない」「服を1枚買ったら、1枚処分する」など、ものを増やさない工夫も行うとさらに効果的です。
使っていないけれど思い入れがあって捨てにくいという品は、写真に残してから処分するという方法も。またどうしても捨てられないものが大量にある場合には、トランクルームなどの有料収納スペースの利用を検討するのも一つの手です。

お家の中がきれいに保たれていると、毎日気持ちよく過ごすことができますね。さらにお部屋の状態を一定に保つことができれば、翌年の大掃除がとても楽になるというメリットも。快適な1年間を過ごすために、ぜひこれらのヒントを取り入れてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

普通じゃ満足できない!欲張りマダムが選ぶ冷蔵庫5選はこれだ

今日は、わがままなご要望にお応えするとびっきりな冷蔵庫に狙いをつけてご紹介します。と言っても、冷蔵庫は何台も…

みっちー / 656 view

インテリアカラーで選ぶ!色別人気の加湿器特集

お部屋の空気の乾燥を防いでくれる加湿器。日々使うものだからスタイリッシュな製品を選びたいものです。インテリア…

如月リサ / 584 view

洗面台で溶けない?おしゃれで衛生的なソープディッシュ5選

お風呂や洗面台で石けんを使うと、どうしても水気によってドロドロと溶けてしまいがちです。今回は石けんを衛生的に…

kon / 1148 view

関連するキーワード