冬は湿度が低いせいで、風邪が流行したり肌が乾燥したりします。保湿効果がある暖房器具を使えば部屋の湿度が上がり、快適に過ごすことができます。今回は部屋の湿度を上げる暖房器具をご紹介します。

暑いときと寒いとき、快適に感じる湿度のバランスは?

室温が低いときは湿度を高める、室温が高いときは湿度を低くすると快適に過ごすことができます。適度な湿度は40~60%ほど。湿度が60%を上回るとカビや結露に注意が必要で、湿度40%を下回るとウイルスが浮遊しやすくなるといわれています。。

部屋の湿度をあげるにはどうする?

室温が上がると湿度が下がり、暖房をつけると湿度が下がります。風を送らないオイルヒーターでも エアコンやファンヒーターのように風を送る暖房でも同じように思えますが、風を送る暖房のほうが乾燥を感じるのは、暖房の風が当たることで、水分が奪われるから。そこでファンヒーターを使うなら、暖かく湿った風が出る「加湿セラミックファンヒーター」がおすすめします。

乾燥対策におすすめ±0「加湿セラミックファンヒーターX210」

±0(プラスマイナスゼロ)の「加湿セラミックファンヒーターX210」はハイブリッド式で加湿。水を含んでいるフィルターに温風を当てて加湿する方法です。加湿能力にも優れ、温かくうるおいがある風が出ることがメリットです。加湿セラミックファンヒーターX210の「ヒーター+加湿」モードのおまかせ運転では、室内の温度と湿度を検知して自動運転を行います。ヒーターのみ、または加湿のみの運転もできるため、フレキシブルな運用ができます。加湿は最大1時間に600ml、水タンクの容量は3Lで、洋室17畳までの部屋をしっかり加湿できます。シンプルなカラーと直方体の形は部屋に馴染みやすく、操作が簡単なのもおすすめのポイントです。

保湿できる暖房器具の種類と選び方

ガスや石油などの燃料を燃やすタイプの暖房は水蒸気が発生しますが、湿度が適度なときに加湿が止まるわけではありません。大量の水蒸気が発生すると結露の原因になることがあります。室内の湿度を50%前後に保つには、湿度に応じて自動運転する加湿器か、そのような加湿機能がついた暖房器具を使うのが手軽です。足元も温めながら空気の乾燥を防ぎたいのであれば、ハイブリッド式加湿機能つきのセラミックファンヒーターが適しています。加湿セラミックファンヒーターを購入するときは、加湿方式や運転モードに着目しましょう。

セラミックファンヒーターはエアコンより足元を温められ、色々な場所で使えることが長所。ハイブリッド式加湿機能つきなら保湿もできて一石二鳥。乾燥を防いで快適な環境をつくりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

暖房効率アップ!冬場のサーキュレーターの便利な使い方

サーキュレーターとは部屋の空気を巡回させてくれる、扇風機と似た形をした家電です。サーキュレーターを上手に使っ…

長谷川サツキ / 3241 view

子どものいる家庭向け!冬の暖房器具選びのポイントとおすすめの製品

子どものいる家庭で暖房器具を使うときは、火傷などの心配が伴いますよね。今回は子どもがいても安心して使うことの…

kon / 772 view

酉年到来!縁起のいい鳥デザインアイテムを揃えて幸運になろう!

干支をあらわす置物や飾りなどを飾ると、お正月気分を盛り上げるだけでなく、運気がアップするといわれています。酉…

HiroGin / 533 view

関連するキーワード