体の冷える寒い時期には、温めて飲むホットスムージーがおすすめです。なかなかエンジンのかからない朝にも気軽に作れ、体の中から全身をしっかり温めてくれますよ。旬の食材なら、なおのこと栄養価もアップ。冬ならではの食材を使ったホットスムージーレシピを5つご紹介します。

鮮やかな色で飲みやすい「みかんとにんじんのスムージー」

商品年中見かけるにんじんですが、旬の秋冬には甘みが増して栄養価も高くなっています。にんじんの栄養を効率よく体に摂り入れるには、皮つき、加熱、オイルと一緒に、というのがポイント。冬に豊富に出回る温州みかんとともにスムージーにすれば、鮮やかなオレンジ色で子どもにも飲みやすい風味です。

【材料】(1人分)
温州みかん 1個
にんじん 1/3本
水 100cc
オリーブオイル 小さじ1
ジンジャーパウダー(好みで)
はちみつ(好みで)

【作り方】
1.洗ったにんじんを皮つきのまま薄い輪切りにし、電子レンジで約2分加熱します。
2.みかんの皮をむき、子房にばらしておきましょう。
3.にんじんとみかんの子房、残りの材料をすべてミキサー(ブレンダ―)にかけます。
4.カップに移し、電子レンジで適温まで温めて、できあがり。

貧血予防や腸活に「ほうれんそうとヨーグルトのスムージー」

栄養豊富な冬野菜の代表であるほうれんそうも、霜が降りる時期に甘くなります。カロテンやビタミンCなどのビタミン類のほか、鉄分が多く含まれていることでも有名ですね。バナナ、ヨーグルトとの組み合わせで、貧血予防や腸活によいスムージーとなります。

【材料】(1人分)
ほうれんそう 1、2本
バナナ 1/2本
プレーンヨーグルト 70g
レモン果汁 小さじ1
はちみつ(好みで)

【作り方】
1.ほうれんそうを洗い、ざく切りにします。
2.バナナは皮をむいて輪切りにしておきます。
3.ほうれんそうとバナナ、ヨーグルトをミキサーに入れ、スイッチを入れます。
4.攪拌できたものを容器に移し、電子レンジで温めましょう。
5.レモン果汁とはちみつを加え、スプーンでかき混ぜていただきます。

自然な甘みが体に優しい「りんごと野菜のスムージー」

秋から冬にかけてよく見かけるりんご。焼きりんごやアップルパイなどスイーツに加工しても、おいしいフルーツです。整腸作用に優れたりんごのペクチンは、加熱することでその効力がアップします。毎日手の込んだスイーツを作らなくでも、スムージーなら簡単。りんごと野菜の甘みが体に優しいスムージーです。

【材料】(1人分)
りんご 1/4個
かぼちゃ 50g
さつまいも 50g
豆乳 100cc
水 50cc
はちみつ(好みで)
シナモンパウダー(好みで) 

【作り方】
1.種をとったかぼちゃ、さつまいもをカットして、電子レンジで2分前後加熱します。
2.柔らかくなったら、かぼちゃの皮を取り除きます。さつまいもの皮は残しますが、気になる人は取り除いてください。
3.りんごの芯をとり、皮をつけたままカットします。
4.材料をすべてミキサーに入れて、攪拌しましょう。
5.カップに入れて、電子レンジで温め、完成です。

スープ感覚で飲める「ブロッコリーとじゃがいものスムージー」

甘い味が苦手であれば、スープ感覚で飲めるホットスムージーはいかがでしょうか。秋から冬にかけて旬を迎えるブロッコリーは、ビタミンやミネラルが豊富、美容や健康のことが気にかかるなら積極的に取りたい野菜です。パンやグラノーラとの相性がよいので、寒い日の朝食にもおすすめです。

【材料】(1人分)
ブロッコリー 80g
じゃがいも 1個
牛乳 80cc
塩 適量
ブラックペッパー(好みで)

【作り方】
1.じゃがいもを電子レンジで加熱して、熱いうちに皮をむいておきます。
2.ブロッコリーを子房に分け、電子レンジで加熱します。
3.野菜と牛乳をミキサーに入れ、なめらかになるまで攪拌しましょう。
4.容器に入れ、塩少々で味を調えて、電子レンジで温めます。
5.ブラックペッパーをふりかけて、できあがり。

風邪予防にも!香りのよい柚子で温まる「柚子と甘酒スムージー」

香りがよく、鍋物やお漬物など冬場のさまざまな料理の風味づけに活躍する柚子。体を温める作用のあるリモネンや風邪予防によいビタミンCは、実は果肉よりも皮に多く含まれています。ぜひ柚子を皮ごと使い、甘酒と合わせて、さわやかでおいしいスムージーにしましょう。

【材料】(1人分)
柚子 1/2個
甘酒 100cc
水 50cc

【作り方】
1.柚子のへたを取り、半分に切って、種を取り除きます。
2.皮をつけたまま、一口大にカットしましょう。
3.柚子と甘酒、水をミキサーに入れて、スイッチを入れます。
4.全体がなめらかになったら、中身をカップに注ぎましょう。
5.電子レンジで適温に温めて、完成です。
6.柚子の皮の一部を切り取り、千切りにしたものを飾るときれいです。

1人分で作るときには電子レンジが便利ですが、家族の人数分作る場合には鍋で温めても作れます。レシピにとらわれず、好みでアレンジしやすいのもスムージーのよいところです。寒い冬にはホットスムージーを新しい習慣にして、ぜひ健康に役立ててみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

会社にもお散歩にも!持ち歩きたくなるおしゃれなタンブラー5選

保温タンブラーを持ち歩けば、外出先でもすぐに温かな飲み物を飲むことができます。保温性だけでなく、デザイン性も…

pk_works / 962 view

パーティーで大活躍!BRUNOの優秀ホットプレート

ホットプレートというと地味な印象のものが多いですが、BRUNOの製品なら食卓を華やかに演出できます。家族や友…

kon / 1181 view

スイーツ系ホットサンドが食べたい!おやつやパーティーで活躍してくれるレシピまとめ

ホットサンドというと卵や野菜を挟むのが一般的ですよね。ですが最近話題になっているのがお菓子のように甘いものを…

kwimre / 4393 view

関連するキーワード