2017年の干支は酉です。酉は夜明けを告げ、悪鬼を退けるともいわれています。また「とり」は、とりこむということから、商売繁盛にも繫がるとか。酉にちなんだアイテムを玄関や部屋に飾って、災厄を退け幸せを呼び込みましょう。

テーブルの上には縁起物の鳳凰箸置きを

お正月は「酉年」にちなんで、「トリ」アイテムをさりげなくテーブルに置いてみてはいかがでしょうか。おせち料理が並ぶ中に、縁起の良い酉の箸置きをさり気なく配置して、お客様にお出しすれば、そのかわいいデザインにきっと喜んでもらえることでしょう。
伝説の鳥、鳳凰をモチーフにした箸置きは400年の歴史を誇る波佐見焼。鳳凰といえば縁起の良い鳥として、平等院鳳凰堂など多くの歴史ある建築物にもその意匠が採用されている瑞鳥です。お客様に鳳凰の箸置きをお出しするのは、最高のおもてなしとなるでしょう。波佐見焼の鳳凰箸置きには、白磁、朱、桜、白藍、若草の5色に加えてメタリックな輝きが美しい金銀のカラーも用意されています。桐箱とセットで用意すれば、大切な人への贈り物としても最適な品となるのではないでしょうか。

定番の酉置物を玄関に飾り幸運を呼び込もう

干支の置物は幸運を呼び込むといわれますが、特に玄関に置くと良いようです。訪問してきた人が最初に目にする場所が玄関ですから、それなりの置物を置きたいものです。干支置物「酉」は白地に金塗りと、見た目も豪華なものをおすすめします。金色は金運を呼び、酉は「とりこむ」ということで商売繁盛に繫がる、金運玉子も抱えている酉の置物は、まさに幸運を呼び込む玄関を飾るのにふさわしい置物といえるでしょう。
干支の置物は正月飾りとは違って、松の内(一般的に関東で1月7日、関西では1月15日)に片付ける必要がありません。その年の間中、飾っておいて良いものなので1年通して飾りたい方におススメです。

子どもには鳥の形をしたかわいいバックパックで幸運を

リュックサックメーカーとして知られるドイツのドイターのバックパック「Kikki(キィキィ)」は、鳥をデザインした子ども向けのキュートなアイテム。カラフルなフォルムの「Kikki」を背負えば、お子さんがよりいっそうかわいくなるでしょう。酉年に鳥のバッグを背負っていたら、たくさんの幸せが舞い込むかもしれません。
長い歴史のある老舗メーカーのドイター製なので、作りもしっかりしています。わずか340グラムの軽さで、ストラップの長さも調整できるので、小さなお子さんでも無理なく背負うことができるでしょう。3歳くらいからの使用を想定して設計されていますが、かわいいけれども洗練されたデザインですので、小学校高学年くらいまでは使えそうです。お子さんやお孫さんへのプレゼント、あるいは子どものいる知人への新年の贈り物としても、喜ばれるアイテムです。

キッチンにかわいい鳥たちを並べて幸運を呼び込もう

砂糖や塩の上に、ちょこんと浮かぶ鳥たち、かわいいと思いませんか? アピュイバードスプーンは、鳥の形をした計量スプーンです。粉末状の調味料に埋もれにくいデザインで、見た目だけでなく使いやすさも抜群。スプーンの大きさも、小さじ(5cc)と大さじ(15cc)が用意されていて、形状によっても見分けることができます。
カラーも9種類もあり、たとえば砂糖と塩をスプーンの色によって見分ける、などという使い方もできそうです。醤油などの液体にも使用できるということなので、工夫によってはさまざまな用途に使用できるでしょう。かわいいバードスプーンを用意して、キッチンにも幸せを呼び込みましょう。

酉年の幸運を鳥形のブローチをつけて呼び込もう!

酉年の「酉」という漢字には「ちぢむ」という意味があり、果実が熟したさまをあらわすそうです。それも極限まで熟した状態ということなので、酉年は、それまでの努力の成果があらわれる年ともいわれています。
そんな努力の証しとして、BIRDS WORDSのBIRD TILE BROOCHを身につけるのはどうでしょう?独特のフォルムの鳥たちには、18種類のデザインがあり、それぞれに違う模様が施されています。浮き出ている模様を作るために、ひとつひとつを丁寧に仕上げているとのこと、かわいさの中にも品の良さが感じられるのはそのためでしょうか。
陶器製の質感は、新年の正装にも似合いそうです。洋服だけでなく、バッグなどにつけてワンポイントとすることもできます。幸運を呼び込む干支のアイテムを、いつでも身につけておくことができるのが魅力です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

一日の気を癒す!寝室をリラックス空間にする時に必ず使いたいものとは

寝室は主に睡眠をとるための空間ですが、自分だけのスペースとして感じる方も多いです。リラックスを伴うアイテムを…

みっちー / 502 view

高級感あふれる!黒を基調にしたシックなキッチンインテリア5選

キッチンのインテリアにも、こだわりを持ち始める方が増えてきた近年。自分の好きな色を取り入れた、統一感のあるキ…

みっちー / 1317 view

アイディア一つで大活躍!階段下のデッドスペースを活かす方法

お家の中にはたくさんのデッドスペースがありますが、特に2階建ての家屋は階段下の空間を賢く利用することも大切で…

Jun / 530 view

関連するキーワード